やっててヨカッタ!

パソコンは決して得意ではないんですが、
昨年何か月か教室に通ったので、

ワードで色々なチラシなどを作ったり、
エクセルの基本くらいは出来る様になりました。


その甲斐あって、

面接などで必ず聞かれる、
「パソコンの基本操作は出来ますか?」
の質問には、

「はい、基本的な事でしたら・・・」
なんて、ニッコリ出来る様に(笑)

今の時代、絶対にこの質問はついてまわりますね。



本当は、ここでも書いたように、
「パソコン?任せて!」
くらいまで頑張る予定でしたが、
なかなか時間も取れずに挫折しました(^_^;)

だけど、やっぱり行って良かったです。


仕事覚えるにしても、
パソコンがチンプンカンプンだと、
それだけでもう必死で、疲れが倍になりますよ(>_<)


でも、若い方はみんなホントに速い!
まるで機関銃のようなスピードで、
惚れ惚れしてしまいます。

という訳で、次なる目標は、
キーボード見ないで打てるようになることです。

本当に来年還暦のおばさんでも、
毎日やってたらモノになるのか・・・



実は、漢検一級も、
受けないと言いながら、問題集二冊買ってしまいました。


いつも、
何かに挑戦するアタシでいたい(笑)






by ray-garden | 2018-08-21 06:29 | Comments(2)

言い方一つで・・・

母は言葉遣いが乱暴で、肝心のことを言いません。
一緒に暮らす中で、そのことが結構ストレスになります。


何かあっても、
「ごめんね」とか「ありがとう」が無くて、


たまにそのことを言うと、
「え~?そ~お~?
 言ってるつもりなんだけどなぁ

「はいはい、分かりました!
 どうも有難うございまーす」

「それはどうもすいませんね~」

なんて、ものすごく嫌味な言い方して、
余計に腹が立ちますよ(笑)



今朝も!
階段下から呼ぶので下りてみると・・・

私が買っておいたレトルトカレーを貰っても良いかと。

イイよ~と言うと、
「じゃあ貰うよ、いいね!?」

私「お母さん、そこは有り難うじゃないの?

母「え?」

私「貰うよ、いいねっておかしいでしょ?」


言ってるこっちも、
何だか細かくて口うるさくて嫌なんですが、
やっぱり時々、モヤモヤするんですよね~(^_^;)


今朝もお粗末なお話ですみません<m(__)m>





by ray-garden | 2018-08-20 07:28 | | Comments(2)

やれやれな話・・・

私が優柔不断なのか・・・
最近、二人の友人(知り合い?)の間に挟まれることが二度も。

一昨日、
かなり久しぶりでKさんと言う方から電話が。

どうしてた~?から始まり、
話はMさんのことになりました。
(これが本当の目的ですね、きっと)

ちょっとした絶交状態になってるようで、
私に色々とこぼします。

そのうちに、
「Mさんはみずたまちゃんのことをよく言ってないけど、私はあなたを庇ってるの。
みずたまちゃんは良い人よって」


う~ん、困るな~・・・
私、近々Mさんと約束があるんですよ(^_^;)

Mさんにそう言う面があるのは知ってますが、
私は別にどうでもいいんです。


困るのは、
この話黙って聞いちゃって、
あとでMさんと会ったことが分かると、
私がこの話を言いつけたと思われることです。


それで言いました。

「私、近々Mさんに会うんです。
でも、今日の電話のことは言いませんから」と。

Kさん、一瞬まずいなぁと思ったような感じで、
その後は話が少ししぼんでしまいましたよ。



おまけにMさんもKさんのこと、
良くは言ってないんですけど

はっきり言って、
どうでもいいかな~と思います。

一緒にいて楽しかったらいればいいし、
嫌なら付き合わなければ良いし・・・


私も一方的に意地悪されたとか、
そんな時は誰かに聞いてほしいし、
愚痴を言うのは良いとして、

本人目の前にして、
あの人があなたのことこう言ってたわよなんて、

告げ口はいかんだろう!!


三年振りくらいで電話貰って、
何でこんな話聞かされなくてはいけないのか・・・


でも、こういう人、たまにいますね。
はぁ~(-_-;)



by ray-garden | 2018-08-17 06:36 | 友達 | Comments(2)

通勤途中で・・・

毎日電車で通勤してると、色々な人を見かけますね。


先日、途中の駅で時間調整のため停車していると・・・

駅員さんが早足で歩いてきまして、
手には長いマジックハンドを持っていました。
そしてその後ろから、小走りで着いて行く女性が。

わ、あれ使うの見るの初めて!

線路に何か落としたんだ、
何かしら?と、様子を見ていると、

拾い上げたのは黒い靴でした。


と、そこで改めて女性の足元を見てみると、
片っぽの足、裸足でしたよ(笑)

姿を目で追ってはいたけど、
下の方見てないから全然気付きませんでした(^_^;)


一人で駅員さん呼びに行くとき、
けっこう恥ずかしかったのでは・・・
なんて考えたりして。



40年も電車通勤しているお父さんたちは、
ずいぶん色々な出来事に遭遇しているんだろうな~・・・



by ray-garden | 2018-08-16 09:19 | 出来事 | Comments(2)

そして父になりました

次男夫婦に第一子が誕生して、
二か月が経ちました。

毎日の様に、
元気な子で本当に良かったと感謝(T_T)


誰もが思った通り、
次男は超が付くほどの子煩悩振りを発揮していまして、
率先してあれこれと面倒を見ています。

子育て終わる頃には、
育児本が書けるのではないかしら?
と思ってしまいます(笑)


Kちゃんも赤ちゃんの為なら、
何を我慢しても、全く苦ではないと言う、
良いお母さんになりきっていて、

そんな二人の姿を眺めていることが、
何よりもの私の幸せです(*^_^*)


みんなこんなに小さかったんだな~と、
改めて子育ての頃を懐かしく思います。


次男はいつも優しくて、

お猿さんの様にすばしっこくて、
どこでもよじ登ったり潜り込んだりして、

夕方帰ってくると、
子犬の様な匂いがする子でした(^_^;)


でも・・・

三十半ばになり、ひげ面の今も、
やっぱり可愛いなぁと思う母なのでした(笑)



by ray-garden | 2018-08-15 10:52 | 息子・孫 | Comments(0)

母との暮らし、しんどいのです

クーラーの話でついつい愚痴りましたが、
その背景にこんなことが有りました。

母が今年二度、長めの入院をした時、
入院費のことを気にしていたので、
取り敢えず二回とも私が全部払いました。

退院して落ち着いたら返してと。


昨年も入院して、
何か月かで、高額医療費として、
お金が戻ってきたんですが、
今回、その通知が遅いのを母が気にしていました。

母「なかなか来ないねェ、手紙」

私「そうだねえ、もうそろそろ初めのは来るんじゃない?」

母「早く来ないかなぁ」

私「でも来たって、それは私が貰うから、
  お母さん、関係ないじゃない」

母「え・・・お母さんでしょう」

私「何言ってるの?全部私が払ったんだから、
  それだけでもこっちに頂戴ね」

母「・・・・」

私「だって、お母さん一円も出してないのに、
  何でそれ懐に入れちゃうわけ?
  そんな虫の良い話は無いでしょう(^_^;)」

母「でも、一旦こっちに頂戴よ」

私「何で?」

母「だって、欲しいんだもん」

私「他にもお見舞いで、随分貰ったでしょう。
  お母さん、私に返す気無いの?」

母「・・・」


ここで母は、
私をがめつい娘だと言う様な表情で見ました。



何度も書いてますが、
母は認知症ではありません。

でも、自分に振り込まれたお金を、
私に取られる感覚なんでしょう。


こういう一つ一つの出来事が、
私にとってすごくストレスになります。

恥かしい話を書いていると自覚していますが、
同じような思いをしてる方も必ずいると思っています。


忙しい中、休みは必ず遊びに出掛ける私に、
「疲れてるのによくいつも出かけるねえ」と母。

それが無くちゃ、とてもやってらんない私です(^_^;)







by ray-garden | 2018-08-14 10:51 | | Comments(4)

やっとぐっすり眠れるように・・・

随分長くご無沙汰をしてしまいましたが、
暑さにも負けず、大変元気に生きております(^^)/

暑さに負けずと書きましたが、
この度、実家の私の部屋にクーラーを付けました(笑)

え?
今まで無かったの?

と思われるでしょうが、
三年半前、私が実家に暮らすに当たり、
二階はかなり悲惨な状況で、
真冬に住むには結構なお金がかかってしまい、

母の面倒をみるために、
色々と夫に不便をかけるのに、
それ以上散財したくなかったのです。
(近い将来引っ越しもあるし)

それでクーラー付けたり、
テレビ買ったりはしたくなかったんです(^_^;)


エアコンは苦手な方なので、
冬は絶対ストーブ派ですし、
テレビはもともとあまり見ない方でしたから、
今でも全く不便を感じていません。


でも!
今年は何でこんなに暑いんだぁ~!!!

それでも扇風機だけで寝ていましたが、
暑いので夜中に何度もお水を飲みます。

そうすると、
職場に着いた頃に毎日下痢しちゃうんですよ(>_<)
午前中はいつもヘロヘロでした。

子供の頃から、お腹が丈夫じゃないもので、
これはもう当然なんですけど。


で、とうとうギブアップ!となりました。


こんなことなら、最初の夏に付ければ良かった~(T_T)

夫はクーラー付けない理由なんて知りませんから、
取り付け後に、笑ってました。
「よくこんなところでクーラーなしで寝てたよな~!」って。



その日から二晩過ぎましたが、
勿論夜中にお水も飲まず、
ノンストップで朝までぐっすり眠れました。


次男からも、
「何でクーラー付けなかったの?」と、
素朴な疑問(笑)


でも、もう一つありました、
クーラー付けない理由・・・

母がすぐ、
お前が来てから光熱費が増えたって言うんですよ。

当たり前です!
私は犬や猫では無く人間ですからね、
電気も水道も使います(^_^;)

でも、一年中母のご飯作って、洗濯やって、
二重生活して、夫に気を遣って、
その労力を考えてくださいよ!(T_T)

時には母の為に仕事も休んでます。
正直、収入も減ります。


兄嫁は、
「みずたまちゃんがおこずかい貰いたいくらいだよね」
と言ってくれますが・・・

光熱費も入れてるし、
母の要求で、その他諸々私が払ってます。
(細かい奴だなと思うでしょうが、
 あえて訴えたいのです(T_T))

そんな訳で、
母への意地もあってクーラー付けませんでしたが・・・

馬鹿でした(笑)






by ray-garden | 2018-08-14 09:49 | 出来事 | Comments(0)