カテゴリ:親( 147 )

ものぐさな母

母と二人で暮らし始めて、
今月で丸四年になります。

日々、心の中で色々な葛藤がありますが、
私も四年分大人になったと言うか、
気持ちを抑えることが増えてきました。


とは言え、
喉まで出かかった言葉を、
しょっちゅう呑み込んでいるのって、
体には良くないなぁと思ってます。


母と言う人は、
何度か書いたように、
色白で昔風の別嬪さんです。

きちんとすると、
けっこう上品に見られて、
大きな声は出したことが無いので、
外から見ると女らしい人なんだと思います。


でも・・・
二人の良いお嫁さんに恵まれた私は思います。

こんな人がうちのお嫁さんだったら、
絶対嫌だな~!(笑)


最近のイライラは、
とにかくものぐさなこと。
これは昔からなんですけどね。



ここ2、3日、
私はすごく具合が悪くて、
多分胆嚢が疲れてると思い、
何度か食事を抜いたりしてました。

胆嚢は持病と言うか、
昔、胆のう炎で入院してから、
機能が普通の人より低いのです。


その日、たまたま夫が休みで、
「Sと自分のご飯は用意するよ。
 こっちは良いから」
と言ってくれたので、
これで少し楽が出来るな~と思ってました。

仕事から帰宅して、
「調子が悪いので、今夜はごはん作らない予定だけど、
お母さん、食べるもの何かしらあるよね?」と言うと、

「ああ」と。


で、
そこでテレビを見ていたら、
何かムシャムシャ食べてる音が・・・

母が皮も剥かず柿を食べてました(゜゜)
しかもそれって、洗ってないよね?

私「お母さん、どうしたのいきなり柿食べて」

母「う~ん・・お腹空いたから」

私「お腹空いたら時間的にもご飯じゃないの?」

と、ここで言うの止めました。



本当は、
「第一、それ洗ってないよね?」

と言いたいところなんですが、
絶対に「洗ってある」と答えるはずだから(^_^;)
一個、ぺろりと食べて、また横になってました(笑)



そして母の出で立ち?はと言うと・・・
デイサービスに行った服の上から、
寒いからとパジャマ着てました(笑)

逆パターンもあります。


冬の朝、
着替えるの寒いからと、
パジャマの上から服を着て出かけちゃうと言うのも(*_*)

これも若い頃からですよ(^_^;)



娘からするとですね、
こういうのものすごく嫌なんですよ。

何で、この人が私の母親なの?って、
大袈裟ですけど、そこまで思う日があります。


キリが無いので、最近は、
「すごいカッコしてるね」と一言言います。

これも言わなきゃ良いんでしょうけど、
でも、一言だけは言いたい。

いくら言っても、
トイレの後に手を洗わないのも言いたい。

でも言うと、
「あ~、忘れた。いつもは必ず洗ってるんだけど」
と、必ず言うんですよ(笑)


だけど、今の季節、
ウィルスが蔓延しているし、
本当は見過ごせないんですよね。


インフルエンザの予防接種も、
ケアマネさんが一生懸命勧めてくれても、
一度も受けてないんです。

ケ「××さん、どうして受けないんですか~?」

母「だって、痛いじゃないですか」

もう話にならないですね(^_^;)


でも、この人、風邪とかも貰ったことありません。
87才にして、入れ歯も無く、
ツワモノです(笑)


by ray-garden | 2018-11-10 10:03 | | Comments(0)

大丈夫っ?

昨日は休みだったので、
昼から母を連れて買い物に行きました。


駅前に回転寿司があったので、
当然ここかなと思ったんですが、

母はスパゲティが食べたいと言いだし、
ペスカトーレを食べました。

けっこう盛りが良かったので、
絶対食べきれないだろうなと思いましたが、
たいらげましたよ(^_^;)


それから魚屋さんや、
二木の菓子なんかで買い物をして、

母はとても満足した様でした。


母のシルバーカーは座面が広く安定しているので、
駅のホームでもどこでも、
座って待っていることが出来て便利です。

これがないと、電車で外出なんてとても無理でしょう。


帰宅した母は、
骨折以来、初めて電車に乗って、
好きな物をゆっくり選べて、

「やっと行けた、良かった」と嬉しそうでした。



疲れて眠るだろうと思い、
二階に上がり、
暫くして下りて行くと・・・

横になっている母が、
顏を歪めて、眉間にシワを寄せて、
ものすごい顏をしています。

歩き過ぎて、
腰が相当痛いのか、
見たことも無いような顏してるんです。


「お母さんっ!どうしたのっ!?」

と言ったその瞬間、



「開かないんだよ・・・
 カニみその瓶が・・

「は?」


母は寝転がったまま、
さっき買ってきたカニみその瓶詰を持っていました。


「ちょっと~!
 人騒がせもいい加減にしてよ。
 ものすごい苦しんでると思ったじゃない」


私が瓶の蓋を開けると、
「すごいねぇ~、お前は力があるねぇ~」


はぁ~(^_^;)





by ray-garden | 2018-10-10 07:15 | | Comments(2)

言い方一つで・・・

母は言葉遣いが乱暴で、肝心のことを言いません。
一緒に暮らす中で、そのことが結構ストレスになります。


何かあっても、
「ごめんね」とか「ありがとう」が無くて、


たまにそのことを言うと、
「え~?そ~お~?
 言ってるつもりなんだけどなぁ

「はいはい、分かりました!
 どうも有難うございまーす」

「それはどうもすいませんね~」

なんて、ものすごく嫌味な言い方して、
余計に腹が立ちますよ(笑)



今朝も!
階段下から呼ぶので下りてみると・・・

私が買っておいたレトルトカレーを貰っても良いかと。

イイよ~と言うと、
「じゃあ貰うよ、いいね!?」

私「お母さん、そこは有り難うじゃないの?

母「え?」

私「貰うよ、いいねっておかしいでしょ?」


言ってるこっちも、
何だか細かくて口うるさくて嫌なんですが、
やっぱり時々、モヤモヤするんですよね~(^_^;)


今朝もお粗末なお話ですみません<m(__)m>





by ray-garden | 2018-08-20 07:28 | | Comments(2)

母との暮らし、しんどいのです

クーラーの話でついつい愚痴りましたが、
その背景にこんなことが有りました。

母が今年二度、長めの入院をした時、
入院費のことを気にしていたので、
取り敢えず二回とも私が全部払いました。

退院して落ち着いたら返してと。


昨年も入院して、
何か月かで、高額医療費として、
お金が戻ってきたんですが、
今回、その通知が遅いのを母が気にしていました。

母「なかなか来ないねェ、手紙」

私「そうだねえ、もうそろそろ初めのは来るんじゃない?」

母「早く来ないかなぁ」

私「でも来たって、それは私が貰うから、
  お母さん、関係ないじゃない」

母「え・・・お母さんでしょう」

私「何言ってるの?全部私が払ったんだから、
  それだけでもこっちに頂戴ね」

母「・・・・」

私「だって、お母さん一円も出してないのに、
  何でそれ懐に入れちゃうわけ?
  そんな虫の良い話は無いでしょう(^_^;)」

母「でも、一旦こっちに頂戴よ」

私「何で?」

母「だって、欲しいんだもん」

私「他にもお見舞いで、随分貰ったでしょう。
  お母さん、私に返す気無いの?」

母「・・・」


ここで母は、
私をがめつい娘だと言う様な表情で見ました。



何度も書いてますが、
母は認知症ではありません。

でも、自分に振り込まれたお金を、
私に取られる感覚なんでしょう。


こういう一つ一つの出来事が、
私にとってすごくストレスになります。

恥かしい話を書いていると自覚していますが、
同じような思いをしてる方も必ずいると思っています。


忙しい中、休みは必ず遊びに出掛ける私に、
「疲れてるのによくいつも出かけるねえ」と母。

それが無くちゃ、とてもやってらんない私です(^_^;)







by ray-garden | 2018-08-14 10:51 | | Comments(4)

七万円の行方・・・

母ネタが続きますが・・・


今夜は次男夫婦が、
退院した母に赤ちゃんを見せに来ます。



母はとても楽しみにしていて、
こんな時は、いつも何を食べようか、
何をごちそうしようかと考えるんですが、

母「××ちゃん(夫)も来るの?」

私「そうよ、だってそうじゃないと、
  ご飯、むこうの作らなくちゃならないし、
  ××ちゃんだって、見たいでしょう」

母「じゃあ何人前?五人か・・・」

???
何だか気が進まないような、
けっこうお金かかっちゃうなみたいな顔をしました。


その夜。

「お見舞いに貰ったお金、
 (合計)7万円無いんだよ」
と母が言いだしました。

(それで、昼間浮かない顏したのですね)


実家は10年以上前に、
一度昼間に空き巣が入ってます。
窓ガラスの鍵の部分を割られました。

でも、今回母の留守中、
そんな形跡は一才無いし。


40分程、私もあちこち探したり、
あれこれ一緒に考えましたが、
お見舞いの空の袋はあっても、
とうとう中身は見つからず・・・


なんと、そのうち母が、
「二万円はお前に預けたよね?」
と言いだしました(゜゜)


「え?何言ってるの!
 それは前回の入院の時で、
 退院した時渡したでしょう。
 お母さん、変なこと言わないでくれる」

ほんとに勘弁してよ(^_^;)


で、結局・・・

母は前回の退院後から今回の退院までに、
入院費以外のお金を、
3、4万使っているんですが、
お財布には3万7千円が残っていて、

それを年金だと思っていましたが、
調べてみると、
年金は下ろしていませんでした(゜゜)

お見舞いのお金を生活費にしてたんですね。


「お母さん、年金下ろしていないのに、
 こんなにお財布にお金が残ってるのは、
 おかしいと思わない?
 金額も丁度同じくらいだし」

この話に母がピンと来るのに、
ちょっと時間がかかりました。


お金のことは割としっかりしてるし、
同年齢の人より、計算も速い母でしたが、
今回の入院で、少しボ~ッとしてしまったようです。

それを恐れて、しょっちゅう顏だしてたんですけど・・・


体が少し楽になってきたら、
また(子供用ですが)
ジグソーパズル、頑張ってもらいましょう(^_^;)




by ray-garden | 2018-06-27 07:07 | | Comments(4)

心も体も…

昨日、母が退院しました。

ここのところ、私も疲れているのか、
仕事中、何度も帰ろうかと思ったくらい、
なんともいえないだるさに襲われました。

で、母の退院のお迎えは、
三男にも付き合ってもらいました。
助かりました。

同じ様に親をみる立場でも、
近くに姉妹がいて交代でなんて聞くと、
羨ましい限りです。

 
まだがっちりとしたコルセットを付けて、
とても痛々しい母ですが、
退院した日は、なかなかの食欲で、
食べられなかった分を取り戻すかのように、
ぱくぱく食べていましたよ(^_^;)


ところが…
なんと夕方、私の知らない間に、
お膳の上に尻餅をついていたんです(>_<)

そもそも、夜中にトイレに起きてよろけて、
廊下で尻餅をついて骨折したんですよ。

治りかけてきたのに、
今尻餅ついてどうすんのー‼️

聞けば、夕方六時に、
窓のシャッターを開けようと立ち上がり、
よろけてお膳にストンと尻餅をついたそうです。

でも、言わなかったんです。
 
なぜ分かったかと言うと、
お膳に載っていた私のボールペンが、
床に散らばっていたからです。

何で色々落ちてるんだろう?
と、母の顔を見たので、
母がそのことを話しました。

普段、シャッターを開けずに、
蛍光灯で暮らしていて(昔から)、
私か注意しても開けない母なのに、
何でこんな時に?
しかも、むしろシャッター下ろす時間じゃないの?


これからのことを考えると、頭が痛いです。

母は、外で働いた経験がほぼ無いので、
私が仕事を休むのに、
どんな思いをするかも、まるで分かりません。


通院などに、
時にはタクシーを使ってほしいと思っても、
暗い顔をして黙ってしまいます(-_-;)

自分の思うようにしてもらえないと、
とても恨めしい顔をするんです。


一週間で良いから、
母から解放され、
ぼーっとしていたいなぁ…

と思う今日この頃。

by ray-garden | 2018-06-24 13:32 | | Comments(0)

母、入院まで・・・

四日前に母が入院しました。

入院の前日は、
午後から電車に乗って、
母の好きな魚屋さんに行く予定だったんですが、

お昼過ぎに、
「気持ちが悪いから行けない」と。

胸がムカムカすると言って、
それから、翌日の朝まで何も食べられず、
吐き気はするけど、吐けない状態でした。


血圧を測ると、なんと200超え!!
これじゃフラフラするわけです。


夫が休みだったので、
すぐに一緒にかかりつけの病院に連れて行きました。

休日だからではないかもしれませんが、
診て下さったのは、若~い可愛い女医さんでした。

診断は脱水症状とのこと。

母の部屋はそこまで暑くなかったけど、
あまり水分を摂らない人だし、
何せ高齢なので、そんなことも有るのかと・・・

あまり納得いきませんが、
そうなのかなと・・・



3時間くらいかけて、
ゆっくり点滴して帰って下さいと言われたんですが、

その時、ベテランの看護師さんが、
「3時間かけるなら、
 一日入院したらどうですか?」と。

その時の母は、
ほんの少し動いただけでも吐き気に襲われ、
ビニール袋が手放せず、

本当に辛そうだったので、
すぐにお願いしました。


それから車いすに乗せられ処置室に。
え?
車いすのまま点滴?
3時間も?
うっそ~!?


「すみません、母とにかく辛そうで、
 横になりたいと言ってるんですが、
 ベッドで点滴出来ないんですか?」

入院するのが分かってるのに、
何で車いすのまま3時間も?
元気な人でも疲れますよね?


で、母の入院する部屋で、
点滴することになりました。

その時の血圧は227なんですから、
当然ですよね?



と言う色々お粗末な状況の中、
母の入院生活が始まりました。

しかも、脱水症状なんて、
単純なものではありませんでした。


to be continue・・・


by ray-garden | 2018-05-04 09:16 | | Comments(0)

厄介な人

はい、
それは勿論母のことです(笑)

三年前、一緒に暮らし始めた頃、
母は人生で一番太ってました。

と言っても、
若い頃は胃下垂で痩せていたし、
年をとって縮み、
身長も150センチですから、
51キロだったんですけどね。

ただ51キロなのに、
ウエストは82センチもありました。
洋梨みたいな体型で、
お腹ばかりが出てしまいます(^_^;)

私は太ると、
上半身から逞しくなるタイプなので、
母娘でも真逆ですね。

で、そんな母と、
軽度の糖尿病の夫のために、
とにかく毎日野菜を刻んで刻んで…

二人は何とかよい方向に。


ところが喜んでいると、
何故かそれに留まらず、
母はどんどん痩せて小さくなっていきました。

2年で13キロも体重が落ちて、
38キロにまで(>_<)

胃カメラまでやりましたが、
原因は分からず、
それも年のせいなのか…


それから、何とか太らせようと、
母の好きなものをしょっちゅう作り、
出掛ける度に、
母の好きそうなものをお土産に買いました。

ご飯にも連れて行きました。

でも、これは愛情なんかではなく、
すべて私のためです。

母が今、寝たきりになっちゃったら、
この私が困りますから(笑)


時間はかかりましたが、
少しずつ小さな顔がふっくらしてきて、
「お母さん、太ってきたんじゃない?」
と言うまでになりました。


で、つい先日のこと。

私のお下がりですが、
Sサイズの上着をあげたら、
なんと、お腹のファスナーが閉まりません。

「お母さん、このままいくとまた太るよ。
この頃、食べ過ぎじゃない?」

と、嫌な予感はしてたんですが…


今日、先月の血液検査の結果が出ると、
案の定、コレステロールと中性脂肪に、
Hの印が付いてました(>_<)

このままでは脳梗塞を起こすと、
釘を刺されてきました。


私の作ったものだけではなく、
母はいつも自分の買った物を、
おかずにプラスします。

それは大抵、
美味しいけれど体には良くないものです。

私も油断してました。
一時、あまりに痩せていましたから。


先生から頂いたパンフレットには、
食べては生けない物のところに、
母の大好物が並んでいました。


あ~、面倒くさいです。

自己中でわがままだった母のために、
また、食事療法です。


でもやります。
厄介だけど、自分のために(^_^;)


あ、私のモットーは医食同源です。
白湯と豆乳は続けています(^-^)v




by ray-garden | 2018-03-31 10:13 | | Comments(0)

生真面目は損?

高齢の親と暮らすのは、
そこそこ厄介なことが多いです。

周りから見ると、
もう年なんだからしょうがない、
で済むことが済まなかったりします。

毎日のことだし、
親も、他人様が一人でもいる時と、
二人だけの時と、
色々微妙に違ってますから(^_^;)

これは、高齢の親の面倒をみてる方なら、
心当たりがあるかもと思います。



昨日は、のんびりしようと思いましたが、
午後に思い立って、母と買い物に。

電車で二駅の所(駅ビル)に、
食材を買いに行きました。


母はとにかく食べることが好きなんです。
その母に育てられたので、私もそうですが、
違うのは・・・

私は無いなら無いで、
どんなおかずでもお腹が空いてれば、
ペロッと二杯は、美味しく食べられますが、

母は絶対メインが無いとダメです。



なにしろ子供の頃は、母が風邪をひいて寝込むと、
必ず決まったお寿司屋さんに、
上握り鮨を買いに行かされてましたから(笑)

食欲無いけど、
それなら食べられるって言うので(^_^;)


駅ビルには、安くて良い魚屋さんが入ってまして、
母は自分の分だけなのに、随分買ってました。

帰りの荷物の重いこと(>_<)


カニみその瓶詰(まとめ買い)、
煮こごり、数の子の松前浸け、
白子、明太子・・・

魚卵とか大好物。



昔から野菜ってあまり食べません。
母がいろんな野菜を刻んで料理してるのって、
子供の頃からほとんど見たことないんです。



でも!!
でもですよ!

もうすぐ87歳になると言うのに、
体調が悪くなければ、
見た目も若く、シミもほぼ無く、
自分の歯は20本はあります。


いつも、栄養にこだわって頑張ってご飯を作ってる、
この私よりお肌もピカピカですよ。



何が言いたいのか分からなくなっちゃいましたけど、
要するに、母は幸せな人だな~と・・・


じゃ、アンタは不幸なのか?
と聞かれたら、
いえ、私もそこそこ毎日楽しいんですけど(笑)


何というのか・・・
母はお得な体質なのです(^_^;)


今日も読んで頂き嬉しいです(^^)
励ましのクリック、お願いします178.png

にほんブログ村

by ray-garden | 2018-02-27 13:53 | | Comments(0)

母と過ごす時間

最近、以前の様には、
母にイライラしなくなったと言う話をしましたが、

実際、休みの日や夜は、
母と一緒に過ごす時間が増えました。



昨年暮れに、
「大草原の小さな家」の一挙放送が始まりまして、
母が気に入ってしまって、毎日見る様に。

私も懐かしさから、
すっかり一緒に見るのが習慣になりました。


やっぱりね、
何だか母はとても嬉しそうなんですよ。
私が母の部屋で長く一緒にいることが。


用事が有って、早々に二階に上がっても、
「ねえ、もう始まってるよ」なんて、
わざわざ階段の下から呼ぶんです。

全く~!
座ってる目の前に電話が有るんだから、
「内線で呼べばいいのに・・・」って、
いつも言ってるじゃん(^_^;)


「今日は見ない」って、
何となく言いにくいですよね。
なので、下に下りて夜更けまで付き合います。



年を取るって悲しいです。

もう母の仲良しの友達も、
何人か亡くなりましたし、

何年か前まで、自転車に乗ってた方も、
もう足腰が弱って来て、
外では会えなくなってきます。


自分は、あと何年生きられるんだろう?

そんなことを考えて、眠れない時もあるそうです。
寂しいでしょうね。



そういうことを考えると、
高齢者が呆けると言うことは、
とても理にかなっていると思います。


母はそそっかしくて天然ボケですが、
認知症ではありません。

なるべく悲しい思いや、
寂しい思いをさせない様に、
出来るだけ気にかけてあげたいと思うこの頃です。



と言ってもですね・・・
瞬間的に腹の立つことは、
相変わらずしょっちゅうあります(笑)


本当につまらない、くだらないことですよ。


3日前ですが、母と二人お弁当にしました。

出先から電話して、
「天丼が美味しそうなんだけど、どう?」と聞きました。

「う~ん・・・お母さんは天丼はいいや。
 このまえみたいなのが食べたいな」
(サッパリしたものが食べたいようで、
 天丼はうんざりみたいな言い方してました)

「そう、分かった」



で、家に帰ってお弁当を出すと・・・

母「エビが二本も入ってるんだ。美味しそうだね~!」

私「だから、天丼食べる?って聞いたのに」

母「だってお前がいつも脂っこいもの食べないって言うからだよ」

私「は?それと何の関係が有るの?
 私のせいで天丼諦めたみたいな言い方やめて」


とこんな言い方にカチンとくる、
相変わらず狭量な私です(笑)

でも、進歩したんですよ、随分(^_^;)



今日も読んで頂き嬉しいです(^^)
励ましのクリック、お願いします178.png

にほんブログ村

by ray-garden | 2018-02-14 00:36 | | Comments(2)