2018年 01月 30日 ( 1 )

 

お隣のおばさん

実家の隣のおばさん、今78才位かと。

実家が今の場所に引っ越したのは、
私が小五の時なので、
もう47年の隣人と言うことになります。

でも、実はそれほど親しいわけではなく、
洗濯ものを干すときに話す程度です。


先日、兄にベランダの水道の蛇口を直してもらった日に、
水道管の方も気になり、
夫と二人で配管を見ていたその時・・・


は?
これは何???


d0299604_15164235.jpg


実家の勝手口の壁の角に、
お隣のおばさんが、
ごみ箱を洗うときのタワシとスポンジが、
それを入れる用の袋?と一緒にぶら下がっているんです。

大きなゴミ箱も、実家の二つのごみ箱と並んで、
うちの敷地内に(゜゜)


以前から、自分の家のごみ箱を洗う時に、
うちのごみ箱の上に、ふたをのせて洗っているのは知ってましたし、

外の荷物に被せた、雨よけの段ボールを取る時に、
作業が終わるまで、私の自転車に全部被せられたり、

これから鉢に植える土の付いた草を、
うちの玄関ドアの前に置いたり・・・



庭も無く、下町なので隣との距離は1メートル。
お手軽なのは分かりますが、
これって考えられませんよね?(^_^;)


タワシがぶら下がってる釘は、
もともとあったのか、それとも打ち付けたのか・・・

ずいぶん前の休みの日、
釘を打ちつけているような音がした記憶、
実はちょっとあるんですよね(-_-;)


母もかなり腹を立ててるし、
近所の母の仲良しさんも呆れていますが、



もうあと半年で今の家ともお別れなので、
好きなようにさせています。

文句を言いに行って、
息子さんに怒られても可哀想と言うのもあります。


兄にこの話をすると、
「呆けてるんだろう~」と半笑い。

すると、怒っていた母も、
「あ、そうか~。そうだねー、きっと」
と言い出しました。

みんな人が良いな~(笑)


もともと自己中な人だし、
まだ十分しっかりしてると思うのですが・・・

なかなかのツワモノです(^_^;)


今日も読んで頂き嬉しいです(^^)
励ましのクリック、お願いします178.png

にほんブログ村


by ray-garden | 2018-01-30 19:32 | 出来事 | Comments(0)