ものぐさな母

母と二人で暮らし始めて、
今月で丸四年になります。

日々、心の中で色々な葛藤がありますが、
私も四年分大人になったと言うか、
気持ちを抑えることが増えてきました。


とは言え、
喉まで出かかった言葉を、
しょっちゅう呑み込んでいるのって、
体には良くないなぁと思ってます。


母と言う人は、
何度か書いたように、
色白で昔風の別嬪さんです。

きちんとすると、
けっこう上品に見られて、
大きな声は出したことが無いので、
外から見ると女らしい人なんだと思います。


でも・・・
二人の良いお嫁さんに恵まれた私は思います。

こんな人がうちのお嫁さんだったら、
絶対嫌だな~!(笑)


最近のイライラは、
とにかくものぐさなこと。
これは昔からなんですけどね。



ここ2、3日、
私はすごく具合が悪くて、
多分胆嚢が疲れてると思い、
何度か食事を抜いたりしてました。

胆嚢は持病と言うか、
昔、胆のう炎で入院してから、
機能が普通の人より低いのです。


その日、たまたま夫が休みで、
「Sと自分のご飯は用意するよ。
 こっちは良いから」
と言ってくれたので、
これで少し楽が出来るな~と思ってました。

仕事から帰宅して、
「調子が悪いので、今夜はごはん作らない予定だけど、
お母さん、食べるもの何かしらあるよね?」と言うと、

「ああ」と。


で、
そこでテレビを見ていたら、
何かムシャムシャ食べてる音が・・・

母が皮も剥かず柿を食べてました(゜゜)
しかもそれって、洗ってないよね?

私「お母さん、どうしたのいきなり柿食べて」

母「う~ん・・お腹空いたから」

私「お腹空いたら時間的にもご飯じゃないの?」

と、ここで言うの止めました。



本当は、
「第一、それ洗ってないよね?」

と言いたいところなんですが、
絶対に「洗ってある」と答えるはずだから(^_^;)
一個、ぺろりと食べて、また横になってました(笑)



そして母の出で立ち?はと言うと・・・
デイサービスに行った服の上から、
寒いからとパジャマ着てました(笑)

逆パターンもあります。


冬の朝、
着替えるの寒いからと、
パジャマの上から服を着て出かけちゃうと言うのも(*_*)

これも若い頃からですよ(^_^;)



娘からするとですね、
こういうのものすごく嫌なんですよ。

何で、この人が私の母親なの?って、
大袈裟ですけど、そこまで思う日があります。


キリが無いので、最近は、
「すごいカッコしてるね」と一言言います。

これも言わなきゃ良いんでしょうけど、
でも、一言だけは言いたい。

いくら言っても、
トイレの後に手を洗わないのも言いたい。

でも言うと、
「あ~、忘れた。いつもは必ず洗ってるんだけど」
と、必ず言うんですよ(笑)


だけど、今の季節、
ウィルスが蔓延しているし、
本当は見過ごせないんですよね。


インフルエンザの予防接種も、
ケアマネさんが一生懸命勧めてくれても、
一度も受けてないんです。

ケ「××さん、どうして受けないんですか~?」

母「だって、痛いじゃないですか」

もう話にならないですね(^_^;)


でも、この人、風邪とかも貰ったことありません。
87才にして、入れ歯も無く、
ツワモノです(笑)


by ray-garden | 2018-11-10 10:03 | | Comments(0)