月日は流れました

先週、福井県に住む夫の叔父が亡くなりました。

半年前から胃ろうになり、
一か月前から意識が無かったので、
突然ではないのですが、

とても優しい叔父だったので、
本当に残念です。


結婚した頃は、
よく柿やお米を送ってくれました。

そして荷物の中には、
叔父の書いた手紙が入っていました。

字が上手では無いのに、
必ず手紙が入っていて、

それが余計温かく感じると言うか、
じ~んときてしまうんですよね。


田舎の無い私は、
小包に憧れがあって、

夫が、
「みずたまがすごく喜んでるよ」
と言ったら、
その後も、私の好物の水羊羹とかを、
何度も送ってくれました。


何年かに一度、
家族で叔父の家に泊まりに行ったときは、

いつも別れが辛くて、
車が走り出すと泣いてしまって、
夫や子供に笑われたものです(T_T)




いきなり母を三日間一人に出来ないので、
葬儀には夫と義母が行きました。

義母の認知症はけっこう重く、
足腰は達者ですが、

ほんの2分ほど前の記憶も消えてしまうのです。


福井に行く前日に、
2泊3日分の荷物を作ってきたのに、

翌朝行くと・・・

荷物は全部元の場所に戻されていて、
一から用意し直すことに(>_<)


「これから新幹線に乗るの?」
「誰か死んだの?」

と言う質問だけでも、
行くまでに30回はしたでしょうか。

夫はもう行く前から疲れ切ってました。



そして二日後に戻ってきましたが、
なんと義母は田舎で、
叔母(妹)の家の犬に咬まれてしまったそうです。

飲んでいる薬の影響もあり、
手首から肘まで紫色に!

大きな犬だそうで、
咬まれて出来た大きな傷が二つ。


病院で、注射を打って、
抗生物質を五日分貰ってきました。

でも、そんない痛い思いと、
怖い思いをしたのに、
咬まれたことを忘れていて、

これなんだろうね?すごいんだよ。
でも、大したことは無いと思うんだけど・・・
と言うのです。


しっかりしてて、気丈な義母だったんですけどね。
こんなになってしまうんですね。



若い時は本当に意地悪されて、
大嫌いな人でしたけど・・・

今はみずたま、みずたまと、
私を頼りにしていて、

二言目には、
「みずたまが良い人で良かった。
 みずたまが優しくて良かった」と、
私のことを褒めちぎるのです。


私は義母の為に、
何にもやってないんですけど、
どうしてこうなったんでしょうね(笑)


義母への恨みは、
一年ごとに薄れて行きます。

絶対許せない!
そう思っていたんですが。


叔父も亡くなり・・・
月日は流れたんですね・・・





by ray-garden | 2018-10-22 21:15 | 昔話 | Comments(0)