厄介な人

はい、
それは勿論母のことです(笑)

三年前、一緒に暮らし始めた頃、
母は人生で一番太ってました。

と言っても、
若い頃は胃下垂で痩せていたし、
年をとって縮み、
身長も150センチですから、
51キロだったんですけどね。

ただ51キロなのに、
ウエストは82センチもありました。
洋梨みたいな体型で、
お腹ばかりが出てしまいます(^_^;)

私は太ると、
上半身から逞しくなるタイプなので、
母娘でも真逆ですね。

で、そんな母と、
軽度の糖尿病の夫のために、
とにかく毎日野菜を刻んで刻んで…

二人は何とかよい方向に。


ところが喜んでいると、
何故かそれに留まらず、
母はどんどん痩せて小さくなっていきました。

2年で13キロも体重が落ちて、
38キロにまで(>_<)

胃カメラまでやりましたが、
原因は分からず、
それも年のせいなのか…


それから、何とか太らせようと、
母の好きなものをしょっちゅう作り、
出掛ける度に、
母の好きそうなものをお土産に買いました。

ご飯にも連れて行きました。

でも、これは愛情なんかではなく、
すべて私のためです。

母が今、寝たきりになっちゃったら、
この私が困りますから(笑)


時間はかかりましたが、
少しずつ小さな顔がふっくらしてきて、
「お母さん、太ってきたんじゃない?」
と言うまでになりました。


で、つい先日のこと。

私のお下がりですが、
Sサイズの上着をあげたら、
なんと、お腹のファスナーが閉まりません。

「お母さん、このままいくとまた太るよ。
この頃、食べ過ぎじゃない?」

と、嫌な予感はしてたんですが…


今日、先月の血液検査の結果が出ると、
案の定、コレステロールと中性脂肪に、
Hの印が付いてました(>_<)

このままでは脳梗塞を起こすと、
釘を刺されてきました。


私の作ったものだけではなく、
母はいつも自分の買った物を、
おかずにプラスします。

それは大抵、
美味しいけれど体には良くないものです。

私も油断してました。
一時、あまりに痩せていましたから。


先生から頂いたパンフレットには、
食べては生けない物のところに、
母の大好物が並んでいました。


あ~、面倒くさいです。

自己中でわがままだった母のために、
また、食事療法です。


でもやります。
厄介だけど、自分のために(^_^;)


あ、私のモットーは医食同源です。
白湯と豆乳は続けています(^-^)v




by ray-garden | 2018-03-31 10:13 | | Comments(0)