昔の海外ドラマ   

2018年 02月 04日

幼い頃から父と観ていた、
海外ドラマが大好きです。


「奥さまは魔女」
「ルーシーショウ」(で、いいのかな?)
「じゃじゃ馬億万長者」
「ララミー牧場」

その他、名前を覚えてない物もありますが
年が分かりますね~(笑)



中学から高校の頃は、
「刑事コロンボ」
「大草原の小さな家」


「フルハウス」

「アルフ」なんかは子供たちと観てました。
アルフ、面白かった~!



年末から、意外なことに母が、
「大草原の小さな家」にすっかりハマってしまいました。

字幕で、70%くらいは意味が分かってて、
あとは私の解説付きなんですが、
夢中で夜の12時まで観たりしてます(^_^;)


私も付き合って毎日観てますが、
子育てを終えて、孫を持つ身となった今、
昔とは違う、新たな感動を与えてくれるドラマですね。


お父さんはあんなにも頑張っていて、
何一つ贅沢もしないのに、
常に家は貧しく・・・

でも、愛する妻がいて、
いつも家族が一致している。


幸せはお金では買えないと言う、
典型的なお話ですが、
やはり毎回泣いてしまいます(T_T)



お時間の有る方は、ハマった海外ドラマのお話、
ぜひぜひ聞かせて下さい(^^)/


今日も読んで頂き嬉しいです(^^)
励ましのクリック、お願いします178.png

にほんブログ村

by ray-garden | 2018-02-04 22:26 | 映画・ドラマ | Comments(2)

Commented by syouhou36 at 2018-02-04 23:27
みずたまさんこんばんは(^0^)/

ワタシはアボンリーへの道が大好きでした。

1993年から日本で放送された作品です。
原作者は赤毛のアンと同じルーシー・ロード・モンゴメリーさん、彼女の小説を元にしたカナダのテレビドラマでした。

主人公のセーラは父と共に都会に住んでいましたが、父親が
横領容疑でつかまり、亡き母の親族のキング家に引き取られてからのお話しでした。、
都会のお嬢様育ちのセーラが頑固なへティ伯母さんと衝突しながらも、最後はお互い理解しあい、やがては親子のようにとなっていくストーリーに引き込まれました。

最近はNHKで、このような少年少女向けの名作ドラマが放送されなくなったことが、とても残念に思います。
Commented by ray-garden at 2018-02-06 22:02
オバちゃんさんへ
目の調子が悪く、お返事遅くなりました<m(__)m>
「アボンリーへの道」題名は知っていても、
観たことが有りませんでした。
「赤毛のアン」と同じ、プリンスエドワード島が舞台になっているんですね。
とても感動的なお話の様ですね。
機会が有ったら私もぜひ見てみたいです(^^)
昔は親子で安心して見られるドラマが幾つもありましたが、
今は本当にそんなドラマが少ないですね。
今観ても新鮮で面白いと思いますが・・・

<< 白髪染めとシャンプーの話 今年の認定調査が終わりました >>