レジオネラ菌、怖いですね・・・   

2014年 06月 14日

皆さん、ご存じだと思いますが、
埼玉県北本市の「湯楽の里」で、
レジオネラ菌に感染した方が亡くなりましたね。

温泉大好きの私としては、
本当にお気の毒で、残念で怖い出来事です。


レジオネラ菌と言うと、
随分前に、24時間風呂が出始めたころに、
やはり感染して死亡された方がいました。

すぐに頭に浮かぶのは、あの出来事で、
実は我が家も、その3か月くらい前に、
購入し設置したばかりだったんです。


何枚かあったフィルターを、使いきって以来、
いろいろ考えた末、使わなくなってしまいました(T_T)



今回のニュースを見て、
早速、あちこち調べてまとめてみました。



レジオネラ菌は、自然界に生息する細菌で、
水が停滞するある一定の温度の場所で、
増殖しやすいそうです。

この水中の微粒な菌が、
シャワーや蒸気などに混ざり、
人体に入ると、感染します。

(冬場は、超音波加湿器での、
 感染も事例があります)



二つの型があり、レジオネラ肺炎型と言うのが、
重症化し、死亡にもつながるそうです。


感染者が多いのは、やはり初夏や梅雨時で、

2~10日の潜伏期間があり、
高熱、咳、頭痛、筋肉痛などの症状に始まり、

重症化すると、呼吸困難からの胸の痛み、
下痢、意識障害などが起こります。



健康な方でも感染しますが、
やはりお子さんや高齢の方、
持病を持っている方、
喫煙者は、悪化しやすいそうです。



この菌は、

マクロファージ(白血球の一種で免疫の要、
細菌を捕食し、消化する)でも、
退治することが出来ません。

マクロファージの中で、増殖するそうです。
だから怖いんですね。



死亡率は、8:2で、
圧倒的に男性が高いとのことですが、
理由は明確にはなっていないようです。

あとは、免疫力が高いかどうか、
それが重要ですね。


人から人への感染はありません。


これからますます、
温浴施設では、細心の注意を払って、
万全の対策をしているところが多いとは思いますが、


私も秋までは、
水が霧状(エアロゾル)になる、

ジェットバス、ミスト、打たせ湯などは、
念のため、避けておこうかと思います。



体調がイマイチの日や、
すごくお疲れの日は、やめておきましょう。

湯あたりしても、いけませんからね(^_-)



これからも体調管理をしながら、
温泉を楽しんで頂きたいな~と思います。


最後まで読んで頂き、有り難うございます!
これかな~と思うところに、クリックして下さると嬉しいです058.gif

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村




by ray-garden | 2014-06-14 19:53 | お風呂・温泉 | Comments(4)

Commented by YUKI at 2014-06-14 20:32 x
温泉も怖いんだね~知らなかったわ~
早速来週行くので気を付けなければ・・(^_^;)
ちゃちゃっと入って来よう~(*^_^*)
Commented by sugarmoment at 2014-06-14 21:05
本当に怖いですね。
実家の母親を連れていくこともあるから
そういう時は特に気を付けることにします。
情報ありがとうございました。
Commented by ray-garden at 2014-06-14 22:09
YUKIさんへ
同じ状況でも発病する人と、しない人がいますね。
抵抗力が落ちていると、感染したり重症化する可能性は高いですよね。

でも、行ったからにはゆっくり浸かって、
楽しんできて来て下さいね~!

あ、昨日の「温泉を楽しむために・・・」、読んで頂けたかな~?


Commented by ray-garden at 2014-06-14 22:15
yumeさんへ
偉いですね、お母様を連れて行くこともあるんですね。
体調にお気を付け下さい(^^)

うちの母は、血圧も高いし、カラスの行水なのでダメなんですよ~!
でも、自分が癒されるには、一人か、友人とに限りますけど(^_^;)

<< 初戦は、露天のぬる湯で・・・ たまにはキレます! >>