私の遺言   

2018年 12月 11日

こんな風に書くと、
何があった?
と思う方もいらっしゃるでしょうが・・・



今月は私の友人が亡くなって3年目です。

御主人の話だと、
がんで亡くなった彼女は、
亡くなるその日まで、
たったの一言も泣き言や愚痴を言いませんでした。

本当にすごい・・・と。

私はとてもじゃないですが、
真似出来ませんね。


でも、弱った自分を見られるのは嫌です。
たとえ家族にも、
出来れば見せたくないですが、
それは無理な話だとして、

がりがりに痩せて、
面影もないくらいやつれた顔で、
友人に会ったりは勘弁。


まして、亡くなった後に、
通夜、告別式で、
皆さんに顏を見られたり、

それほど親しくない人に、
顏なんて撫でられたらいやですね。


なので、
告別式はしないで、
亡くなって暫く経ってから、

「母は〇月に亡くなりました。
 母の希望により、告別式はしませんでした」と、
周りの人に報告してほしい。



たまたま、暫く前に、
お葬式の話題が出た時に、
ついでに次男と次男のお嫁さんにお願いしました。



それから・・・

私が呆けてしまった時も、
寝たきりになった時も、
どうかその姿を知り合いに見せないでと。


写真もしかりです。

息子もブログやってますけど、

呆けてしまって、
力ない表情の画像をアップされるなんて、
絶対に嫌です(T_T)


呆けたらこんなこと考えられませんから、
今のうちに言っておかないとね(^_^;)


次男も大いに賛成してくれました。

人それぞれ、
考え方は違いますが、
これが私の望みです。


元気で、いつも楽しそうな私を、
皆さんの胸に刻んでほしいです(*^_^*)




# by ray-garden | 2018-12-11 07:00 | つぶやき | Comments(0)

カツラの話   

2018年 12月 09日

再三書きましたけど、
両親とも髪が細くやわらかだったので、
私も同じ様な髪質です。


母も本当に薄くなった髪を、
いつも気にしていて、

ここ一年余りは髪の為に、
二月に3回くらいの割合で、
ヘナ染めをしていました。

ヘナだと少しだけ、
髪のダメージは防げます。


それでも、すごく気にしているようで、
「頭のてっぺんだけのカツラ買おうかな」
と言いだしました。

ヘアピースですね。
私も欲しいくらいです(笑)


前回、母がカツラを買ったのは、
確か5年前くらいでした。

知らない間に、
行きつけの美容院で注文してたんですが、

八十過ぎの薄毛の母の頭に、
ふさふさとした黒い毛のカツラ!


それはあまりに不自然でしょ(笑)

2、3度目に被った時、
久しぶりに会った長男が開口一番、

「お婆ちゃん、どうしたの?
 それはおかしいでしょ。
 ねえ、お母さん?」

「だって黒すぎるでしょ(笑)」


本当にその通り。
買う前に一言相談してほしかったですよね(^_^;)


でも!
これは母が悪いのではないと思います、

サイズも少し大きいと思うし、
美容師さんの立場から見て、
あまりに不自然なのは分かるはずです。


私「大きいって、何?どういうこと?
  だって合わせたんでしょう?」

母「合わせてないよ。
  写真で見たんだよ」

私「サンプルが有って、いくつか試したんじゃないの?」

母「無いよ。被ったら買ってくれないと困るって言われたんだから」

私「そんな話がある?
  帽子だって幾つも被って決めるのに・・・」


で、少し大きかったという訳です(>_<)


その美容師さんとは長い付き合いで、
私、母、長男、次男、三男まで、
お店を利用してました。

思うところが有って、私は行くのを止めて、
母だけが近いので通っていたんですが、
これってあまりに誠意が無い。


何万もするものを、
こんな風に売りつける人の気がしれません。

結局、3度ほど被って、
暫く前に捨ててしまいました。


で、今回。

私「お母さん、買うのは良いけど、
  絶対に一人で行かないでよ。」

母「今度買うところは、昔行って知ってて、
  すごく良心的なお店なんだよ」

私「それでも娘の私が見るのと、
  お店の人が見るのは違うよ。
  お母さんは欲しくてたまらなくて行くんだから、
  勧められたら、必ず買っちゃうでしょう?」

母「そんなことないよ。
  良く無かったら買わないよ」

 (母はその日に欲しいので、
  こういう時は頑張って一人で行こうと思ってます)

私「それが甘い!
  いくら良心的でも向こうはプロ!
  何だかんだ言っても商売だからね~
  うまいよ~!」


と、ここから落語仕立てで、

「あらま~、お顔が小さくて色が白いから、
 どちらもすごくお似合いですよ~!」

後から出てきた店員さん。
「え?どなたですか?
 えぇ~、この方被ってらっしゃったんですか?
 あんまり自然なんで、全然気付きませんでしたよ~」

と言う具合に、

母とお店の人のやりとり、
途中から登場するもう一人の店員さんの、
一人三役の小芝居をしまして、

母に分かり易く説明しました(笑)


もう母はゲラゲラ笑って、
「分かった、分かった。
 必ずお前に相談するよ」と。


で、サゲは、
付き添いの私が買わされちゃうっていう(笑)


カツラ屋さん、ごめんなさい<m(__)m>






# by ray-garden | 2018-12-09 07:00 | | Comments(2)

元気の源!   

2018年 12月 08日

お休み4日目です。

昨日、
丸二日も寝たので、
いくらなんでも洗濯位しなくちゃと、
洗濯機二度回したんですが・・・

一回目終わった時点で、
フラフラになってしまいました。

体が辛くて、ビックリしました。


感染性胃腸炎で、
こんなに体力奪われた?

まだろくにご飯も食べてないからかな?



何とか二回目終わらせて、
信用金庫と夕飯の買い物だけ行きましたが、

一休みして夕飯のおかずを作り終えた途端、
もうギブアップでした(^_^;)



とにかく横になろうと布団敷いた途端、
母の呼ぶ声が・・・

来週、道路建設の立ち退きの最終調査が入るので、
溜まってる新聞紙や段ボール、
それからあちこち片付けてくれと。


え?
具合悪いの知ってるよね?


「悪いけど、今日は出来ない。
 洗濯しただけでもうフラフラなんだ。
 ご飯作ったら寝ようと思ってたし」

ため息ついて、
恨めしそうな顔で私を見てましたけど、

こっちはこの状態で、
自分が食べられないのに、
あなたのご飯出してるだけでも十分でしょ!
と思ってますよ(^_^;)



二階に上がって、
イライラするのは止めようと、
音楽聴いていたら、


次男からメール。


開いてみると・・・

可愛い孫、Sくんの、
1/2(ハーフ)バースデーの写真。

わぁ~可愛い162.png
なんてイケメン(笑)


もう一気にテンション上がりました(^^)/


何度も何度も眺めて、
幸せ気分に浸りました(^^)



ん~・・・しょうがない、
憎らしいけどばあさんにも見せてやるか(笑)

階段下りて、
母に見せに行きました。

いつの間にか二人でニコニコ110.png
子供のパワーはスゴイですね。


やっぱりこれが一番の元気の源かな・・・





# by ray-garden | 2018-12-08 11:45 | 息子・孫 | Comments(2)