カテゴリ:息子・孫( 66 )

異議なし!(笑)

私と長男はお喋りです
口も達者だと思います(笑)

これは長男16歳の時の、父子の会話です。

夜な夜な遊び歩く長男に、夫が珍しく注意しました。


夫 「お前、あんまりお母さんに心配をかけるんじゃないぞ。」

長男「うん、お父さんもね。」

夫 「お母さんとの約束は、ちゃんと守れよ。」

長男「うん、お父さんも約束は守った方がいいと思うよ。」

夫 「・・・でも、お父さんとお前は少し違うぞ。」

長男「そうだね、お父さんは三人も子供がいて、 もう40近いし
   同じことをしたらお父さんの方が、ずっと罪が重いね。」
   
   こっちは子供だから、時には間違いもするよ。」


夫 「・・・・・まあ・・・そうだな008.gif


息子のもっともな切り返しに、
ぐうの音も出ませんでした。



確かにその通りですね!

日頃から、夫のとんでもない行動が、
悩みのタネである私にとっては、
よくぞ言ってくれました!と言う感じです。

(立場上、どちらの肩も持てませんが・・・)


ほんと!我が家は夫だけが成長しませんね~008.gif


 ↓ これをご覧になった方が、ここをクリックしてくださるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村
by ray-garden | 2013-06-17 20:14 | 息子・孫 | Comments(4)

有り難いです!

長男に、母の日のプレゼントで、
ボールペンを買ってもらいました。

私が昔から、字を書くのが好きなので、
きっと一生懸命考えてくれたんでしょう。
嬉しいですね。


東急ハンズで、国産と輸入品のボールペンを、
いくつか手に取り、試し書きをして、
デザインと書き味、どちらも気に入ったものが見つかりました。

これです!

d0299604_0154364.jpg

今まで知りませんでしたが、ぺんてるの、Lancelotというボールペンです。

私は何でも、ブルーに弱いです。
この色、デザイン、一目惚れです!



私の仕事はかなり特殊な作業があり、
時には二日も三日も、一日中字を書き続けます。

「大変ね~!」と言われますが、実はけっこう楽しいです060.gif


字って不思議なもので、ごく普通のオバサン(失礼)が、
いきなりさらさらと、すごく上手な字を書くと、エッ!と思います。

それから見る目が変わったりして(笑)

苦手な人は、出来るだけ書かずに済ませようとするから、
ますますぎこちない字になりますね。


私は幼い頃から父に、
「今から書く字は、今まで書いたどの字よりも綺麗に書こう、
毎日そう思って書きなさい。」と言われて育ちました。

そのお蔭で、人並みには書けるとは思います001.gif



それで・・・同じことを、
我が家の息子たちにも、幼い頃から何度も言いましたが、

今のところ、三人とも全く効果はありませ~ん008.gif
by ray-garden | 2013-05-28 00:31 | 息子・孫 | Comments(5)

金髪でカーネーション!

あと二週間で母の日ですね。

それにちなんだ、15年ほど前の子育てエピソードです。


ある年のこと,

小さい頃は、母の日や誕生日に、
欠かさずにプレゼントをくれた息子たちも、最近とんとくれなくなり、

ちょっと寂しいなあと思いながら、夕食の支度をしていたとき・・・

我が家で職人さんとして働いている長男が帰宅。
台所に立つ私の横に来て、何か差し出しました。

「はい、これ」と言いながら渡されたのは、造花のカーネーション。

「コンビニのレジの横に有ったから、買ってきた。
一本200円だけど・・。
それから、お昼に食べなかったドーナツ、食べる?」


「あ・・・どうもありがとうね。」と受け取り、
そのカーネーションをじっと見つめる私。



思えば長男が高校入学以来、毎日お弁当を作ってから仕事に行き、
帰宅するとそのままテーブルの上に有ったり、家で食べた形跡があったりで、

また学校に行かなかったのかと、落胆する日々・・・

行けば行ったで、服装検査に引っ掛かり呼び出され、
進級が危ないと呼び出され・・・

夜中にケガをして帰ってきたり・・・


幼い三男がいるので、泣くことも出来ず、
夜中のトイレで一人号泣したことも・・・

良い先生に恵まれたにも関わらず、結局退学してしまいましたが、
やっと真面目に働きだして、平穏な毎日が戻ったところでした。

そのお蔭?でしょうか、
200円の造花のカーネーションに、d0299604_2250721.jpg
嬉しくて涙が出ました。

とっても幸せな気持ちになりました。


私も決して出来の良い母ではありませんが、

形ではなく、そのカーネーションに、
長男の感謝の気持ちが
いっぱい詰まってるような気がしました。

このときは、まだ金髪が、
お洒落というよりも、不良に見えた頃です。
そんな頭でどんな顔して、
レジでカーネーションを出したのかと思うと、

やっぱり可愛いな~と思ってしまうのは、まさに親バカですね(笑)

長男17歳の母の日です。



 ↓ クリックしてくださると、うれしいです056.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村
by ray-garden | 2013-04-28 17:15 | 息子・孫 | Comments(2)

駄菓子屋さん!

昔は今と違って、保存料や着色料等をあまり問題にしていなかったので、
一部の方を除いて、子供のころはみなさん駄菓子を食べたことと思います。

私が小学校低学年のころは、駄菓子の入った引き出しを自転車に積んで、
紙芝居のおじさんがよく公園に来ていました。

私の好きなのはこちら!
d0299604_21265313.jpg

人参の形のビニールに入ったこめはぜ

あんず棒、黒棒、クッピーラムネ
d0299604_21273811.jpg


カレーあられ、とんがり帽子にお砂糖が入ったみたいなアレ(笑)


d0299604_2128377.jpg

あと、かるめ焼き も大好きです!



息子たちの小さいころは、よっちゃんいか、さくらんぼ餅、ベビースターなんかを食べてました。






それで一つ、次男の小学一年生のころのエピソードが・・・

ある日学校の行事に出席すると、何人ものお母さんから、
「昨日はごちそうになったみたいで、すみませんでした。」と、
挨拶をされました005.gif

まったく訳が分からず、詳しく話を聞いてみると、
次男が10円玉を袋にいっぱい持っていて、
駄菓子屋さんでみんなに奢っていたらしいです。

お金を持っているはずがないので、ビックリして次男に問いただすと・・・

前日、おばあちゃんの家に行ったときに、
おばあちゃんから10円玉のいっぱい入った缶を貰ったとのこと。

それを袋に入れて持ち出し、駄菓子屋さんで大盤振る舞い してたんです008.gif

長男と違い、普段叱られるようなことを、ほとんどしない次男ですが、
子供って本当に何をするか分かりませんね。


もちろんいけないことなので、叱りましたが・・・
その姿を想像すると何だか可愛くて笑ってしまいました。


きっと得意満面で、お金を払っていたことでしょう(笑)
by ray-garden | 2013-04-16 21:52 | 息子・孫 | Comments(4)

ぼくにげちゃうよ(マーガレット・W・ブラウン作)

三男が赤ちゃんの頃(20年ほど前)に、この絵本と出会いました。
こうさぎと、おかあさんうさぎのお話です。

d0299604_0422465.jpg


ある日こうさぎは、家を出て、どこかに行ってみたくなり、
「ぼくにげちゃうよ」と言います。

するとおかあさんうさぎが、

「お前が逃げたら、かあさんはおいかけますよ。
だっておまえはとっても可愛いわたしのぼうやだもの。」と言います。


そこから、ぼうやとおかあさんとの、ほのぼのとしたやりとりが始まります。


ぼうやがお魚になって逃げちゃうよと言えば、

おかあさんうさぎは「漁師になってつかまえますよ」と言い、


ぼうやが、山の上の岩になっちゃうよと言えば、

おかあさんうさぎは、「登山家になりお前の所まで登っていきますよ」と言い・・・



結局、じゃあ、僕はここにお母さんといるね、
というお話なんですが、

三男はこの本が大好きで、寝る前によく読みました。


「僕は怪獣になって逃げちゃうよ」

「そうしたらお母さんはウルトラマンになって、お前を捕まえますよ」


「僕は飛行機になって逃げちゃうよ」

「そうしたらお母さんは、もっと速いジェット機になって、お前をおいかけますよ」


かなり現代的になっていますが(笑)

こんな風にとりとめもない会話をよくしたものです。



私は昔から、すごく涙もろくて、

この絵本の冒頭の、

「だっておまえは、とっても可愛い私のぼうやだもの」
というセリフだけで、

子供の小さかった頃を思い出し、ウルウルしてしまいます007.gif


この絵本は友人や知り合いに、
お子さんやお孫さんが誕生したときの、プレゼントの定番です。


「ぐりとぐら」のかるた も、セットで差し上げるんですが、
これも山脇百合子さんの絵と、中川李枝子さんの文が、
とても可愛くておススメです058.gif



クリックしてくださると嬉しいです。
 ↓ ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村
by ray-garden | 2013-04-02 21:56 | 息子・孫 | Comments(2)

『母の決意!』

これは、三年前の話です・・・


私は兄がボクサーだったせいもあり、昔から格闘技は好きでした。

でも、長男が二十歳を過ぎてから,
キックボクサーになると言い出した時は、
本当に心配で心配で…

案の定、プロテストに受かった途端、
タイの選手とのスパーリングで前歯を一本折ってしまいました(>_<)

それからまもなく、公式では無いけれど、
長男が初めて試合をするという時のこと…

私は緊張と心配でほとんど眠れず、
何も食べられず、落ち着かないまま試合時間になりました。


会場には行かずメールを待っていると…

「楽勝!1ラウンド35秒KO」とメールが!
慌てて電話して「ケガは無いの?」と聞くと、大丈夫との事。

勝ち負けなんて関係ない、
とにかくケガしなければそれだけでいい、
そんなことばかり考えていました。


そんなある日、息子の憧れの魔裟斗のお母さんが、
テレビのインタビューに答えていました。

「一回でも多く、みなさんを楽しませるような、
面白い試合をして欲しいですね」


ひえ~!(>_<)
強い選手はお母さんからして私とは全然違うんだな~と、
今更ながら思い知ったのでした。


息子よ!こんな意気地のない母ですみません(^_^;)
あなたは頑張って、一人で強くなったのですね。

でも!後にデビュー戦を迎え、
反省した私は覚悟を決めて観戦に…。

親として、どんな結果であれ、
息子の頑張る姿を見届けたいと、
心から思えるようになりました。

骨は拾ってあげるからね!(笑)

d0299604_5553851.jpg


結果は・・・
1ラウンド開始直後に眼底骨折して、

一時はかなり危なかったけれど、
満身創痍ながら最後にはKO勝ちでした!

目をやられたときは、本当に相手が三人に見えたんだそうですよ。
マンガだけではないんですね。

本当にご苦労様でした。
私には無い、その根性、
心から尊敬しますm(u_u)m

by ray-garden | 2013-03-18 05:57 | 息子・孫 | Comments(2)

日々身近な楽しみを探している、みずたまの日記です。古~い記事でも、コメント大歓迎です(^^)


by みずたま
プロフィールを見る