カテゴリ:息子・孫( 67 )

子離れできない夫!

夫は、全然子離れしていません。


すごく自分勝手なんですが、

お酒一番で、子供たちが幼い頃も、
子供に何があろうと、飲みに行くのが優先!

その時の気分で子供に執着すると言う、
大変に自己中な人間です(^_^;)



昔、長男が離れて暮らしていた時のこと。

車で一時間弱の所でしたが、
時々、土曜に帰ってきてました。


必ず・・・夫の送り迎えで(笑)

金曜の昼休みに長男の携帯が鳴ると、
仕事の仲間から、

「また、お前のお父さんじゃねえの~?」
と、笑われたんだそうです。

「明日は、帰ってくるのか?」と、
いつも電話してたんですね(^_^;)



少しして仕事先で彼女が出来て、
初めて自分の地元に連れてくるとき、

駅の切符売り場でキョロキョロしている長男を見て、

彼女「何キョロキョロしてんの?」

長男「え、いくらかな~と思って・・・
   電車で帰るの初めてだから。」

彼女「はぁ?あんた、どこのお坊ちゃま?」
と、馬鹿にされたそうです(>_<)



或る晩、長男から電話があり、
開口一番、

「お母さん、助けて!」


聞けば、
「友達と飲みに行くから今週は帰らない」と言ったら、

「じゃあ、お父さんがそっちに行くかな。
 お前の友達にご馳走すればいいんだろ?」と言ったらしいです。

断ればいいじゃないと言うと、

「毎週、仕事の帰りに、遠いところを迎えに来てくれて、
 可哀想で、自分の口からは来るなと言えないよ」と、長男。


夫はいつの間にそんな電話したんでしょうか・・・
私に止められるの、分かってるんですね。

「分かった!お母さんからよく言っておくから、
 ごめんね、いつも・・・」

はぁ~(-_-;)




最近でもありがちなのは・・・

次男がどこかに出かけると言うと、
一日中、天気を気にしてて、


夫「今日、あいつはディズニーランドなんだよな。
 もう着いたかな?ちょっと電話してみよう。」

私「何のために?
  電話する意味が分からない。」

夫「いや、今日は混んでるかな~と思ってさ。」

私「やめなさいよ、私なら、彼氏にそんなお父さんがいたら嫌だな」

夫「そうか~、それは考えなかった。
  でもさ~・・・う~ん・・・まあいいじゃん」

私「そんなに掛けたいなら掛ければ?」

夫「そう?そうだナ、お前がそう言うなら掛けてみよう



毎度毎度、馬鹿馬鹿しくてやっていられません(>_<)



私が腹が立つのはですね・・・
私だって、可愛い息子に電話したりしたいんですよ。

でも、もう大人だから、それはいけないと我慢してるんです!

それなのに、あんなに堂々と!


まさか夫婦二人して出来ませんし、
それに、母親が同じことをやったら、エラいことになっちゃいます(>_<)


要は、屈託なくやってる夫が憎らしい訳なんですが・・・


我が家に娘がいなくて、良かった(^_^;)




最後まで読んでいただいたら、
ハートをクリックしてくださると嬉しいです(^^)

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

にほんブログ村
by ray-garden | 2014-03-18 10:40 | 息子・孫 | Comments(6)

次男からの苦言!

昨夜、先週のイワナ釣り以来、
始めて次男に会ったので、

私は少し興奮気味で、イワナ釣りの話をしました。

寒かったこと、雪のすごかったこと、
でも楽しかったことなど。


いつもは、いろいろ興味を持って、
話に乗ってくれる次男なのですが、

何故かあまり反応が良くなくて・・・


川の写真を見せると、
「これは危ないな~、滑るでしょ?」

「お婆ちゃんが心配するから、
 この写真は見せない方がいいよ」と。


そして最後に、

「でも、こんな雪の中に渓流釣りに行くなんて、
 若い時からやってる人ならいいけど、
 
50代になって、女の人が始めることじゃないな~、
 やっぱり危険すぎるよ」

と、やんわりですが言われました。


私が張り切っていたので、言いにくかったんでしょうね。



山登りを始めて、楽しさを知り、
どうしてこんなに楽しいことを知らずに、
きてしまったんだろう、

もっと若い時に始めていたら・・・
なんて思ったこともありましたが、


(50代の方なら、分かって頂けると思いますが)
やっぱり子育てが終わった今だからなんですよね。

まだ知らない色々なことを、

今のうちならまだ出来る!

ということをしてみたいのです。



とは言え、
次男には余計な心配をさせました。

反省・・・


完成したジオラマは、興味をもって見てくれました。
ここでも、また私は興奮して喋ります。


どっちが親だか、分かりゃしない(笑)




ここで突然ですが・・・

d0299604_10272465.jpg


昨年配布されたオートレースのパンフレットです。

森且行選手、今年で40歳になりますが、
今も変わらずカッコイイですね!


21日から、地元川口オートレース場で、
五日間出場します。


オートレースは、間近で見ると、
本当に迫力があって面白いんですよ!


お時間のある方、興味を持たれた方は、
ぜひ一度、気軽に足を運んでくださいね~!


最後まで読んでいただいたら、
ハートをクリックしてくださると嬉しいです(^^)

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

にほんブログ村
by ray-garden | 2014-03-12 09:56 | 息子・孫 | Comments(6)

物持ち良いにもほどがある!

洗濯をしていると、何日かに一回、
三男のかなりくたびれたTシャツにお目にかかります。

それは、(単純で可愛らしい)、
ワンピースのキャラの絵がついている、
ラグランスリーブの長袖なんですが・・・

もう何年着ているでしょう・・・


袖の緑色は、多分新品当時の半分くらいの濃さ、
生地の厚みも半分くらいの薄さになっていて、
襟なんて擦り切れてるんです(^_^;)

保温性なんて、とうの昔にありません(笑)


何年も前に、部屋着に降格してるんですが、
どんだけ着るの?って毎回思います。


それでも、
「もう捨ててもいいんじゃない?」と、
何故か、なかなか言えない母です(笑)



それで思い出すのは、三男が小学校低学年の頃・・・

ある晩、次男に言われました。

「お母さん、何でSに新しい自転車買ってあげないの?

 今日、外で見かけたら、
 友達はみんな大きな自転車に乗ってるのに、
 
あいつだけが幼稚園の子みたいなのに乗って、
 
必死で漕いで、ついて行ってたよ!」


「第一、タイヤがツルツルで危ないよ!」と・・・。


え~っ!(*_*)

三男が何も言わないので、全然気づきませんでしたが、
言われてみれば、ホントに可愛い自転車に乗ってました。


もうとっくに買い換える時期が来ていました。

可哀想なことをしちゃった、ずいぶん恥ずかしかったことと思い、
早速、三男を呼んで、

「日曜日に新しい自転車買おうね。

お母さん、気が付かなくてごめんね。
でも、早く言えばよかったのに。」 と言ったんです。


当然喜ぶと思いきや・・・

「別に僕は何も困ってないんだけど・・・。
 それに、あの自転車、僕気に入ってるんだ。」

と、言うんですよ(^_^;)


もちろん、新しいのを買いましたが、
欲が無いと言うか、マイペースと言うか、
おっとりした子です(^_^;)


大人になった今も、
三男の服は、半分が次男のお下がりです。


前の彼女にも、
「Sは、一年中同じ服ばかり着ててダサい!」
なんて言われたことがありまして・・・


それも全然気にしないんです。

今の彼女も見かねて、
たまに服を買ってくるんですよ(>_<)



中一の孫娘の誕生日なんかは、若い叔父さんらしく、
一緒にショッピングモールに行って、
服を買ってあげたりしてるんですけど(^_^;)


う~ん・・・やっぱりあのTシャツは、
捨てるように言いましょうかね(笑)


最後まで読んでいただいたら、
ハートをクリックしてくださると嬉しいです(^^)

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

にほんブログ村
by ray-garden | 2014-03-06 10:55 | 息子・孫 | Comments(8)

真央ちゃん、お疲れ様・・・

朝から延々、真央ちゃんのニュースなどを見ています。

有終の美を飾れましたね。
本当に綺麗でした。


いつも思うことですが、

真央ちゃんの演技は、蝶々がひらひらと舞うような、
妖精のような姿で感動します053.gif


最後の涙を見る度に、一緒に泣いてしまいます007.gif(笑)


私は息子しかいないので、
真央ちゃんみたいな娘さんを見ていると、

あ~、こんな可愛い娘がいたら、どんなかな~?なんて、
感情移入してしまう傾向があります。


あと、優香とか、本仮屋ユイカとか・・・

好みです016.gif(笑)



20年ほど前ですが、

従姉妹のK子ちゃんと話していて、
娘しかいないK子ちゃんは、こんなことを言いました。

「吉田栄作みたいな息子がいて、朝キッチンで、
 母さん、おはよう!なんて言われたら、いいな~!」

息子の居る暮らし、
すごく憧れるんだそうです。


「みずたまちゃんはいいね~、
男の子って優しいって言うよね」・・・と。


実際、「母さん、おはよう!」
なんて言う息子は、まずいません(笑)


わがやの息子は優しいし、話し相手にもなりますが、
やっぱり娘がいた方が、
歳を取ってからは助かりますね。


私は今、いつも母の面倒を見ていますが、

自分が年を取った時、
病院行ったり、寝込んだりしたら・・・

お嫁さんにはなかなかお願いできないし、
やはり気を遣ってしまいますよね008.gif


そうなると、有料のサービスを利用することになるでしょう。



息子しかいないお母さん!

いつまでも、足腰丈夫で、
ある程度の蓄えをして、

いくときはコロッといきたいですね(^_^;)


あれ・・・真央ちゃんから、かなり脱線しました(笑)













最後まで読んでいただいたら、
ハートをクリックしてくださると嬉しいです(^^)
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

にほんブログ村
by ray-garden | 2014-02-21 09:59 | 息子・孫 | Comments(8)

へびっち!

昨日、たまごっちの話をしましたが、
その頃の出来事で、思い出すことがあります。


たまごっちが流行った頃は、
三男は幼稚園でしたが、長男は16歳か17歳くらいでした。


お恥ずかしい話ですが、

その頃、長男は、あまり高校へも行かず、
バイクの無免許運転で補導されたり、
喧嘩をしたりで・・・

日々、悩みのタネでした。



私と三男は、兄嫁からプレゼントされたたまごっちを、
毎日二人で面倒見ていましたが、

ちょっと油断したある日、
なんと、へびっちになってしまいました。


たまごっちは、お世話の仕方で育ち方が違い、
へびっちは文字通り蛇の姿になり、
一番悪い子なんです。


大変!!!と、悲しそうな三男・・・

「もっと、お世話しないと」と言うので、


「へびっちになったら、もう元には戻らないんだって。
 いくらお世話しても、無理なんだって。」と言いました。


すると、三男が、

「おかあさん、そんなこと分からないじゃない!
 
 諦めずに一生懸命お世話すれば、
 また元の良い子に戻るかもしれないよ。

 諦めないで可愛がれば、きっと大丈夫だよ。」と言ったのです。


その瞬間・・・

私は画面の中のへびっちが、
まるで長男のような気がしてしまい、

三男の言葉に、ハッとしました。


「そうね!そうそう!
 諦めずに可愛がれば、またいい子になるかもしれないね!

 頑張ってお世話しようね!」」


自分に言い聞かせるように、
そう言いながら、涙が出てしまいました。


人生の中で、子供に教えられることは、
数えきれないほど沢山ありますね・・・

幼稚園児の三男から学びました。



でも・・・、

長男を放ったらかしにした覚えはないんだけどな~(^_^;)



ちなみに、今はへびっちではありません(笑)













最後まで読んでいただいたら、
ハートをクリックしてくださると嬉しいです(^^)
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

にほんブログ村
by ray-garden | 2014-01-14 15:54 | 息子・孫 | Comments(4)

インタビュー!

中一の孫娘の宿題なんですが、
身近な人に、インタビューをするんだそうです。

で・・・私が選ばれました(笑)


気楽に「おぅ!まかしときな!」
なんて言いましたが、

意外に奥の深いインタビューでしたよ。


生まれた頃、小学生の頃、中学生の頃、

高校生から大人になるまでの時代背景や思い出。

(私が生まれた月は伊勢湾台風で、5歳の時に東京オリンピック、
 6年生で沖縄返還、中一の時はパンダが来ました。)


ここからが、問題です!

Q 今まで、一番嬉しかったこと

A 三人の可愛い息子が持てた


Q 今のあなたの生き方や考えに、影響を与えたことは?

A 才能があって、いつも生き生きと輝いている
  ユーミンが大好きだったから、
  
  同じ時代の女性として、不平や不満を言って暮らしたくない。
  自分もいつも生き生きと輝いていたいと思った。


Q 辛いことがあった時、どうやって乗り越えましたか?

A 自分が恵まれている点を考える。
  
  夫婦円満な両親に育てられたこと、兄弟がいたこと、
  三人の息子たちがみんな元気なこと、
  (今はどうであれ)一番好きな人と一緒になれたこと等々・・・


Q 今の中学生にメッセージ

A 育つ環境は、決して平等ではないかもしれないけれど、
  幸せは自分で作るものであり、つかむもの。

  不平不満を言ってるうちに、
  おじいさん、おばあさんにならないでね~!



その他、これからやってみたいこと、
なんて質問もありましたが、
書ききれませ~ん!(^_^;)



さて、みなさん!
どんなふうに答えますか?

コメントを心待ちにしています!
お願いだから、来て下さいね~!(^_^;)














最後まで読んでいただいたら、
ハートをクリックしてくださると嬉しいです(^^)
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

にほんブログ村
by ray-garden | 2014-01-10 00:16 | 息子・孫 | Comments(6)

三男の恋愛事情 2

普段、仕事は少ないんですが、
年末年始は、大晦日まで働き、
元旦一日だけ休み、二日から仕事なんです。

なので、お出かけ情報も無いのです(T_T)



先日、三男の彼女のSちゃんとランチをしました。


三男は本当に出無精で、
よく彼女が出来るものだと感心してしまうんですが、

Sちゃんは幼稚園の先生。

癒し系ですが、すごく行動的なので、
だんだんと三男も変わりつつあります。



でも、初めて草津旅行に行ったときのこと、
(全てSちゃんの段取りです)


旅館に着いたら、もう三男はすっかり寛いでいたようですが、

Sちゃんは、
「湯畑にいこうよ」と誘ったんだそうです。

その時、三男は・・・

「湯畑行ってどうすんの?」と言って、
動く気配もなかったそうです(>_<)


哀れなSちゃんは、腹を立て、
一人寂しく湯畑に散歩に!



可哀想・・・

思わず謝っちゃいましたよ(^_^;)

「ごめんね、普通に育てたつもりなんだけど・・・」



おまけに暫く前までは、写真も嫌いだと言って、
どこに行っても、Sちゃんは一人で撮っていたそうです。



それでもSちゃんは、

「でも、最近は変わってきたんですよ。
ご飯も時々食べに行ってくれるようになったから

と笑って言うんです。


わ~!なんて良い子でしょう(T_T)


それにしても、我が息子、

「湯畑行ってどうすんの?」

は、無いでしょう(^_^;)












最後まで読んでいただいたら、
ハートをクリックしてくださると嬉しいです(^^)
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

にほんブログ村
by ray-garden | 2013-12-29 00:00 | 息子・孫 | Comments(4)

クリスマスの定番!

もう息子たちは、すっかり大人ですが、
孫娘が一人っ子なので、
毎年、必ずクリスマス会をします。



私たち夫婦と、息子たちとパートナー、そして孫娘。
いつも7、8人でしょうか。


日にちはの決め方はと言うと・・・

兄嫁の実家がパン屋さんなので、
30年来、欠かさずケーキを頂いてます。

そのケーキを、兄が届けてくれる日が、
我が家のクリスマス会です(笑)



お料理は毎年、私が全部作ります。

今年は、三男の彼女が、一緒に買い物に行ってくれたので、
いつもより楽ちんで、忘れ物もありませんでした(*^^)v


今年の献立は・・・

タンドリーチキン。

牡蠣のグラタン、

ピザ(冷凍)

大量のサラダ(^_^;)

明石焼き。

アボカドのお刺身。

あさりの炊き込みご飯。


今回、牡蠣とあさりはタップリと奮発しました(*^^)v



食べ終わったら、みんなで遊びます。

大体、トランプかゲームをするんですが、
長男がいると、なかなか恥ずかしい罰ゲームがあったりします(笑)



その間に、片付けはひとりでします。

手伝いますと言ってくれますが、

みんなの笑い声を聞きながら、
もくもくと片づけをするのは、

私にとって、すごく幸せな時間です(^^)



みんな元気でいればこそですね。
感謝・・・・














最後まで読んでいただいたら、
ハートをクリックしてくださると嬉しいです(^^)
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

にほんブログ村
by ray-garden | 2013-12-27 00:02 | 息子・孫 | Comments(6)

ここで一句!

我が家の最寄駅近くに、
小林一茶ゆかりの「炎天寺」というお寺があります。

毎年、11月23日に一茶祭りがおこなわれます。



炎天寺は平安末期の創建と伝えられており、
小林一茶が俳句の友人宅を訪問する際にこの寺を訪れ、

「蝉なくや六月村の炎天寺」

「やせ蛙まけるな一茶是にあり」

などの句を残したとされている。


炎天寺や竹の塚にちなんだ
これらの句が縁で境内に句碑が建てられ、

d0299604_11472031.jpg



昭和37年の一茶の命日11月19日に
地域の有志が法要と句会を開催したのが
「一茶まつり」の始まり。今年で52回目。

d0299604_11481276.jpg


(足立区のHPより)




そんな訳で、息子たちが通った小学校では、
一年生から、俳句を作ります。


長男一年生の頃、いまいち理解していないようなので、
分かりやすく説明しましたが、
五七五に、苦心していました。


そこにタイミング悪く、我が家の酔っぱらいのご帰還です。

子供をちょっとからかった後、
気分が悪くなった様で、いなくなってしまいました。


それを見ていた長男、突然閃いた顔をして、

「あっ!分かった!お母さん、これでいいの?

 お父さん お酒を飲んだら 吐いちゃった


季語はありませんが、五七五は完成ですね(^_^;)

それにしても、長男の人生初の俳句が、
これじゃあんまりだ~(T_T)


ちなみに二つ目は・・・

マヨネーズ ケチャップと同じ 入れ物だ


三つ目・・・

お母さん いつも怒るよ 鬼みたい



大変お粗末様でした(((^_^;)


最後まで読んでいただいたら、
ハートをクリックしてくださると嬉しいです(^^)
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

にほんブログ村
by ray-garden | 2013-11-25 11:53 | 息子・孫 | Comments(4)

お下劣~!

子育ての真っ最中に、
子供との日常生活を、よく書き留めていました。

特に・・・
自由奔放な長男に、頭を痛めていたころの出来事が、
沢山記録に残っています。


息子たちが結婚したら、
お嫁さんに渡してあげようかな~と、思っています。

男の子ばかりだと、女の子のいる家では、
到底考えられないようなことが、たくさんあります。


これは、長男高一、次男中一、三男4歳の頃の話です。
かなり下品なお話なので、

お上品な方は、読まないでくださいね(^_^;)


*   *   *   *   *   *   *


私は普段、臭いと分かっているものの臭いは、
絶対嗅ぎません。(大抵そうでしょうけど)

我が家の男性四人は、一人が臭い!と言うと、
どれどれ?と言う感じで必ず臭いを嗅ぎ、

「お母さ~ん!すっごい臭いよ!
 ちょっと嗅いでみなよ!」と言います。

臭いと分かってて、臭いを嗅ぐなんて冗談じゃないです(^_^;)

でも、時にはしつこく、
「この臭さは嗅ぐ価値があるって!」と、
笑いながら誘うのです。



夫は超足が臭いです。

ひどい時には、「ただいま~!」と、
玄関を入っただけで、部屋まで匂いが!!!


長男の友達二人が泊まりに来て、七人で食卓を囲み、
食事の後、ワイワイやっていると・・・

夫の靴下を発見した息子が、
指でつまんで、笑いながら持ってきました

「半端じゃない臭さだから、
 ちょっと、臭いを嗅いでみ~!」と言いました。


長男が、「じゃあ、トランプで負けたら、
 3秒間、靴下の臭いを嗅ぐっていうのどう?」と言い出し、
四人で張り切って始めました。


負けた子は、臭さに笑い転げて涙目に。

何度も負けてる子は、まだ負けてない子にも、
その臭いを嗅がせようと必死です!

誰かが負ける度に、みんなひっくり返って笑い転げるのです。



ようやく気付いた夫、
「お前ら、人の靴下で遊ぶなよ~!」   


*   *   *   *   *   *   *   


いくら男所帯でも、
こんなことするのは、多分我が家だけですよね~(^_^;)

これはコメント無いでしょうね・・・
お目汚し、ごめんなさい<(_ _)>













最後まで読んでいただいたら、
ハートをクリックしてくださると嬉しいです(^^)
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

にほんブログ村
by ray-garden | 2013-11-20 20:59 | 息子・孫 | Comments(4)

日々身近な楽しみを探している、みずたまの日記です。古~い記事でも、コメント大歓迎です(^^)


by みずたま
プロフィールを見る