2017年 10月 14日 ( 1 )

送別会でした

先日、私と相方O君の送別会がありました。

正直、宴会は苦手とするところなんですが、
皆さんに会うのも最後なので、
有り難く出席しました。

相方O君は、いわゆる好青年で、
スラリとしてて、色白で可愛くて、
頭脳明晰で、大学の研究室に在籍する21歳です。

それで、早朝3時間のアルバイトに来てました。

人柄は◎、とても謙虚で礼儀正しく、
割と物静かな感じ。
家に娘がいたら、貰っていただきたいくらい(^^)


でも、お酒は嫌いじゃないようで、
ときたま、飲み会の翌日に二日酔いで来て、

仕事中何度もお水を飲んで、
「ふぅ~・・・」なんて言いながら働いてました。



さて当日、
指定されたお店に行くと、
O君はすでに来ていて、私が隣に座るなり、

「今まで有り難うございました。
 これ、みずたまさんにお礼の気持ちです」と、
お茶とお菓子の詰め合わせをプレゼントしてくれて。

私がお茶好きなの、覚えててくれたのね~(T_T)
と感激したまではいつも通りなんですが・・・



宴会始まり、30分程した頃、
「おい、○〇~(女の子の名前)、飲んでるか~?」
「お前、なんだよ日本酒行けよ~!」
と、いつも静かなO君が声を張り上げました。

え!
そうなの?
飲んだらそんな感じですかぁ?(^_^;)


終盤、お酒多く頼み過ぎた時も、
「俺が全部飲んじゃいますよ~」なんて(*_*)

もうビックリしちゃいました(笑)


彼のこの姿を見られただけでも、
送別会に行った甲斐があると言うものですね。
だって、行かなかったら一生知らなかったんだから。

別に幻滅したわけじゃないんですよ。
ただ、あまりに変わってしまったから、
本当に呆気にとられました(>_<)



それにしても、
あれほど、酩酊率、泥酔率の高い飲み会は初めてでした(゜゜)

下駄箱の札は無くすわ、
千鳥足で店員さんにぶつかり器を大量に割るわ、

一人は、トイレを一時間も占領して、
帰る時にも、立ち上がることすら出来ませんでした。
(若いお嬢さんです)

帰りはO君に支えられ、
そんなに?と言うほど、
ビタ~っと密着してました(^_^;)


まとめ役の社員さんまで、
最初の1時間でほぼ出来上がっちゃって、
女の子にくっついてて、
まあ、驚きの連続でしたよ。



私はと言うと・・・

お酒弱い上、空きっ腹だったので、
ウーロン茶飲みながら、一人黙々と腹ごしらえして、
その後フルーティなサワーとカクテルを、
計3杯飲んで終わりにしました。

終始マイペース(笑)


それにしても、今回の送別会・・・
まさに「みずたまの知らない世界」でした(^_^;)



by ray-garden | 2017-10-14 09:00 | Comments(5)