母の憂鬱

今日は、母がお昼過ぎに、
ご飯を食べに出ようよ、と言うので、
近くの華屋与兵衛さんへ。

そのまえに 近くの医院へ、
便秘の薬をもらいに行ったのに、
今日は調子が良く、歩ける日なんだな~と。


そして、お昼を食べ終わると、母は唐突に、
「お母さん、泥棒にでも入られた気持ちなんだ。本当にバカなことしちゃったんだ」と、
言い出しました。

え?何、何?
お母さん、一体何をやったの?と、
身を乗り出す私。


先日、やる気を出して、あちこち片付けた時、
衣類の整理もしたらしいのですが、
不要な衣類を処分するため、
大きなビニール袋に入れて捨てたら、

それは、これから着る服だったそうです。

ん?何で?
何でそんなことが起きるんでしょうか?

ちょっと考えられないことですよね。

でも、主な冬の衣類が、ほとんど無いし、
間違いないらしいです。


デイサービスに行くのにも、
それなりに小綺麗にしていきたいしと、

すごく悲しそうな顔をしているので、
帰り道、地元の洋品屋さんに寄りました。

でも、良かったですよ、こんな程度のことで。
話を聞く前は、心臓がドキドキしました。

私に言えずに、眠れなかったそうです。

え?デイサービスの無い日は、
一日中、ドアの隙間から様子を見る度、
大きな口を開けて、気持ち良さそうに寝てたけど・・・(笑)


Commented by chie2317 at 2015-12-24 17:42
こんばんは(^_^)
命に別状はないとはいえお母さんそれはがっかりですね。
袋を間違えてうっかりってことあるかもしれないです。
Commented by ray-garden at 2015-12-24 18:04
ちえさんへ
私も何となくビニール袋に入ってるのを、見たようなきがします。
クリーニングに出すのかしら?と、
一瞬思ったような・・・
でも、母も何が無くなったのか、
それは全然思い出せないようです。
やはり年ですね・・・
by ray-garden | 2015-12-24 16:02 | | Comments(2)