昨日のつぶやき・・・

ここ一年以上、
昔と比べると、友人とのお茶やランチは、
ぐっと少なくなりましたが、

今夜、友人とご飯を食べて帰ると、
母が早々とパジャマで、
布団の上に膝を抱えるようにして、
ボーっと座っていました。

私「どうしたの?」

母「何か食べ物持ってないの?」

私「どうして?」

母「何にもないから、夜食べてないんだよ」

は?何?と思いました。
何度も書いてますが、母は認知症ではありません。

そこで、冷蔵庫を見ると、
赤魚鯛の粕漬け、豚肉、
たたきごぼうと、お漬け物も二種類ありました。

私なんて、何もなければ梅干しと海苔で、
お茶漬けで食べちゃう方ですから、
炊けてるご飯があるのに、なんで?(((・・;)


色々入ってるじゃない、と言うと、
そうだった?と。

ただ面倒なだけなんですよね。
でも、あんな風に膝を抱えて、
暗い顔していられると、困りますね(((^^;)

兄が生きてるときは、
毎日欠かさずご飯の支度してたんですが、
娘だと、やってもらおうと思うんですね。

兄が生きていれば、母はもっと頑張るし、
しっかりしていたのかも・・・


昨日、町でみかけたんですが、
マンションの外階段の最後の二、三段で、

無理だよ!もう出来ないよ!と、
高齢の女性が言うと、娘さんらしき人が、


もう少しだから、ダメだよ、自分で頑張って下りないと!と、強く言ってて、

押し問答のようなことをしていたら、
知り合いの方が通りかかり、
どうしたの?と、声を掛けました。

すると、お母さんがとても憐れな感じで、
「娘がね、怒鳴るのよ~(T-T)」
と言うんです。


もう、その状況が分かりすぎてしまって、
思わず娘さんに駆け寄り、
「分かりますよ!」と、
言いたい衝動にかられました(((^^;)

姑にはさんざん虐められ、
今度は高齢の母親の面倒を見る。



働き続ける男性も大変ですが、
私たちも大変なんですよ~!と、
はたして誰に訴えれば良いのか?(笑)
Commented by myurinm at 2015-10-11 18:26
こんばんは☆
わかります。と簡単に言う事ではないかも知れませんが
でも状況は凄くわかります。
で、今は私も生活習慣を変えないと…と改めて奮起しようと思いました。
Commented by ray-garden at 2015-10-11 18:47
みゅりんさんへ
いつまでも自分の足で歩ける様にしてあげたい、そう思うとついつい厳しくなってしまいますよね。
高齢の母を労りたいけれど、
具合の悪くない日は、動くようにしないと。
これは、難しい問題ですよね・・・
by ray-garden | 2015-10-10 23:20 | | Comments(2)