白蓮さんと言う人・・・

朝ドラの「花子とアン」は、
5、6回しかみたことがないんですが、

一時、白蓮さんの恋の逃避行が、
すごく注目されていましたね。


これに関連した「白蓮れんれん」の話は、
昨年春にブログで紹介しましたが、
今日は、その時に書けなかったお話を。


作者の林真理子さんは、
私の好きな作家のお一人です。

昨日テレビで、林真理子さんが、
20年前の発行当時、20万部だったのが、
最近さらに30万部売れたと喜んでいました。


私が「白蓮れんれん」を読んだのは、10年くらい前で、
すごく面白くて夢中で読みました。


ハードカバーのその本を、
誰かに貸したんですが、

誰に貸したか思い出せないまま、
帰って来なくて・・・
2冊目はケチってしまい、
文庫本を買いました(笑)


林真理子さんの描く、
命を懸けた恋にとても感動しました。

でも、今から5年くらい前、
皇室の入江侍従長の日記の中に、
綴られていた出来事を知って、

白蓮さんに、とてもガッカリしたものです(>_<)


不倫の恋を成就させて、
愛する人と家庭を持ったと言うのに、

美智子皇后のご成婚の際に、
反対運動の中心人物となっていたんですね。


「平民の娘を皇室にいれるなんて」
という理由ですよね。


一昔前の、頭の固い方々が、
声を揃えて反対するのは、まだ仕方ないですが、

いくら天皇と血が繋がっているからと言え、
不倫して、駆け落ちした人の、
言うことではないかと・・・


この記事を見つけた時は、
大きな幻滅を感じました。


最近このことも、
やはり取沙汰されていたんですね。

この記事を書くのに、下調べしたら、
もう沢山書かれてました。


知らなければ良かったな~と思ったものです。


最後まで読んで下さって、有り難うございます!
一つ、クリックしてくださると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ

Commented by YUKI at 2014-09-06 23:28 x
朝のドラマも見たことが無いし、白蓮さんと言う人も知りませんでした・・Wikiで調べたらすごい人生だった・・(*^_^*)
Commented by ray-garden at 2014-09-06 23:42
YUKIさんへ
「白蓮れんれん」は、二人の間でやりとりされた700通あまりのラブレターをもとに、林真理子さんが書いたものです。
お話に、あっという間に引き込まれてしまいました(^^)
Commented by しゅわっち at 2014-09-07 09:34 x
数年前、わっちは、な~んも知らずに開館されて間のない飯田伝衛門邸に行ったことで 白蓮さんの存在を知りましたの。
その頃は、解説してくださるボランティアの方が まだ勉強中とかで(笑)とても楽しい解説でしたの。 
そこで感じたのは、伝衛門さんへの個人的思いも 解説の方の選んだ言葉の中に滲んでくるものだなぁというものです。
予備知識も何にもないわっちにも どうやら飯塚の町の人には 当主が泥を塗られただけでなく、自分たち町の人たちも貶められたと感じてらっしゃるのかもなぁと直接的な言葉ではなく、肌で感じるっていうのかしら・・・そんな気がしたものでした。
この度、NHKのドラマを見て、白蓮さんの印象が 飯塚で感じた白蓮さんとずい分違う気がしたものです。
皇室の件を知った時 わっちも衝撃でしたわ・・・。
Commented by ray-garden at 2014-09-07 09:49
わっちさんへ
たくさんのコメント、ありがとうございます(^^)
実は、私も昨日、福岡出身の方とお話ししてたんですが・・・
白蓮さんは、福岡では悪名高き存在で、
伝右衛門さんは、本当にお気の毒だったらしいという話を聞きました。
話と言うのは、聞いてみないと分からないものですね。
興味深いお話を、ありがとうございます(^^)
by ray-garden | 2014-09-06 22:59 | つぶやき | Comments(4)

日々身近な楽しみを探している、みずたまの日記です。古~い記事でも、コメント大歓迎です(^^)


by みずたま
プロフィールを見る