私の中の葛藤

今夜は足立区大谷田の、
「明神の湯」に行きました。

ここに金曜日の夕方に来るのは初めてです。

たまたまでしょうが、
すごく空いていました(^^)

一時は、六つある露天風呂に、
浸かっているのは私一人だけ!!!


たった900円で、貸切ですよ~\(^o^)/

あちこち浸かって、独り言言ったりして(笑)
暫し、貸切露天を満喫しました!



ところで、今夜は洗い場で、
丁度、私と母くらいの、母娘連れの方を見かけました。

娘さんが、お母さんの体を、
丁寧に洗ってあげて、

露天に連れて行ってあげて、

体を拭いてあげて、

ドライヤーをかけてあげて、

ジュースを買ってきて、飲ませてあげて・・・


私の場合は、
母が温泉嫌いなので、一緒に行かなくて済んでますが、

一緒に行くのは嫌だな~と思っています。


せっかくのんびり癒されに行くのに、
母を連れて行くのは、疲れに行くようなものです。


だから、お母さんの面倒を見ている、
その女性の姿を、ずっと見てしまいました。

偉いな~、私には出来ません(>_<)


出口で思わず、
「ご自分の、お母さんですか?」と、
話しかけてしまいました。


ご自分のお母さんだそうで、
少し立ち話をしてしまったんですが、

「お母さんにとても優しくされてるのを見て、
自分のことを反省しました」と言うと、

今に至るまでは、色々あったとのことです。



私のイライラの原因は何かと、考えてみました。

幼い頃からの出来事で、
母を恨んでいるところがあり、
それを水に流せないのだと思います。


同じ母として、許せない部分が有ったりして、
まだこだわってるんですね。


夫のしたことは、
長年夫婦をやってきて、

もうこだわるのは、自分の体に悪いから止めようと思い、
ほぼ割り切ることが出来たんですが、

母のことは、
やはり同じ母としての目線で、見てしまうんです。


悪いのは母では無く、
母がそういう環境で育ったことだと、

一時は考えを改めたこともあるんですが、
なかなか割り切れずにいます。



今日、お話した女性と、
もう一度、話したいな~と思います。

時が経てば、私も母に、
あんなに穏やかに接することが出来るでしょうか?

そんな日は来るんでしょうか?


最後まで読んで頂き、有り難うございます!
これかな~と思うところに、クリックして下さると嬉しいです058.gif

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村




Commented by YUKI at 2014-07-18 23:06 x
母と娘って、どこも結局同じような感じになるのかもしれませんね。後で後悔しないようにと思うばかりです。
みずたまちゃんは、とっても親孝行だと思いますよ。
Commented by ray-garden at 2014-07-19 07:32
YUKIさんへ
そうなんですよね、やることをやっておかないと、
あとで悔やんでしまうと思うから。
父が、発病して二日で危篤状態になり、
感謝の気持ちを伝える間もありませんでしたから・・・
でも!母は長生きしそうです(笑)
老老介護の可能性が高いですね(^_^;)
Commented by suu-life at 2014-07-19 10:58
みずたまさんは、しっかり親孝行してますよ〜。カラオケに連れて行ったり、お買い物やプレゼントなどなど普段から介護が頭の隅にこびりついて離れないじゃないですか?

私は母が生きている時は、結婚するから母が病気をしていたので、いつでも気になっていました。いつも母が喜ぶようにしていたと思います。でもそれが心の負担にもなってました。

情報が多いので色々と手立てがあり、それをしないと親不孝かというと、そんなことは無いと思います。

Commented by ray-garden at 2014-07-19 23:29
suuさんへ
実家は、あるいて10分位の所なので、
やっぱり放ってはおけませんよね(^_^;)
それに母が元気じゃないと、仕事に行けなくなっちゃうので、
楽しいことをやらせてあげたいと思ってます(^^)
娘がそばにいると言うのは、まあまあ幸せと言えるのかな・・・

お母様は病気がちだったんですね。お気の毒でしたね。
suuさんも長年、いろいろ気がかりだったんですね。
お疲れ様でした。
Commented by 4beans-w128 at 2014-07-20 08:39
こんにちは。
私も子ども時代に母が私にしたことや言葉が忘れられなくて…
許してはいるけれど、子ども時代の
日々がもう少しマシだったらと
葛藤する時があります。
自分自身もいつか、こだわりを
捨てられる日はくるのかなぁと
考えたりもします。
すみません。愚痴になってしまいました。(^_^;)
Commented by ray-garden at 2014-07-20 19:23
ちびまめさんへ
愚痴、じゃんじゃん言って下さい(^^)
ちびまめさんが、お子さんのことをいつもいつも真剣に、
考え過ぎるくらい考えるのは、その為でしょうか・・・
本当に一生懸命ですよね。
私の場合は、何かされたと言うよりは、して貰えなかったことです。
いつも、自分の気持ちが最優先の母で、
自分が辛いと、子供を手放すことも考える人なので・・・
母がもっと違う人だったら、人生は全く違っていたのかな?
なんて私も考えます。今さらですけどね(^_^;)
by ray-garden | 2014-07-18 22:39 | | Comments(6)