帝王切開のこと。

一昨日の朝、NHKの番組で、

帝王切開についての、
色々な誤解について、特集していました。

うんうんと頷きながら、見ていました。


私は、三人息子を、
全部、帝王切開で産みました。


長男 3700g  頭囲36.5cm
次男 3350g  頭囲34cm
三男 2980g  頭囲33cm

段々小さくなってますね(笑)


小柄な私は、体も頭も大きな長男を、普通分娩とはいかず、
事前に、先生との話し合いの上、
帝王切開が決まっていました。


二人目は、病院も変わり、
出来れば普通分娩で、と相談。
一度、切開していますが、
3000g位の赤ちゃんなら、大丈夫でしょうと、

臨月近くになったら、
赤ちゃんの成熟度を調べて、
少し早めに出産する計画でした。


ところが・・・
9か月に入った頃、
院長先生が心臓病で入院してしまい、
大学病院から、毎週違う先生が来ているうちに、
臨月を迎え・・・

「今度の赤ちゃんも大きそうなので、
 普通分娩は無理です」と言われ、
またお腹を切ることに(T_T)


そして、退院の時、
「もう一人産めますが、
もう二回切開しているので、
次の妊娠=帝王切開と思って下さい」
と、言われました。


母に話すと、
「もう二人元気に生まれたんだから、いいじゃない。
3回も切ったらお前の体が大変だよ。」
と、言われ、

出産時は子守りをしてもらうので、
母に反対されたら、無理だな~と思い、

あれこれ考えているうちに、
三男の出産は、それから8年後となりました。


私は本当は、子供は7、8人欲しかったんですが、
そんな訳で、我が家は3人息子に。



帝王切開は、麻酔をして、
眠っているうちに生まれてると思われがちですが、
局部麻酔です。

長男の時は、麻酔があまり効かず、
気を失うかと思うほど痛かったです。
でも、麻酔の量が多いと、
子供に影響すると思い、ひたすら我慢でした。


次男の時は、以前あまり麻酔が効かなかった事を話すと、
「そんな心配は無用です」と、先生は笑いました。

「もし痛かったら、赤ちゃんを取り出してから、
麻酔の量を増やしましょう」とも。

始まってみると、やはりつま先まで硬直するほど痛い!
時期を見て思い切って、
「痛いんですけど・・・」と言いました。

麻酔を増やしてもらいましたが、
痛さは変わらず・・・

私は、あまり麻酔が効かない体質なんだと諦めちゃいました。



三男の時は、子宮口が全く開いていないので、
人工的に陣痛を起こし、
朝までその痛みを経験しましたが、


今までのことを詳しく聞いてもらっていて、
それで初めて、麻酔がちゃんと効いたんです。
嬉しかった!ヤッタ~!と思いました。


ところが、次男の出産時の、癒着がひどく、
それに対処するのに、予定より1時間も長くなり、
麻酔が切れてきてしまい、
痛いのと苦しいので大変でした。


帝王切開で痛いのは、後腹(子宮が縮む)です。
子宮がもとに戻る痛みと、
縫ったばかりの所が一緒に引っ張られる痛みでダブルです。


これは、回数ごとに増します。
三男の時は、あまりの痛みに、
子宮がどうにかなってしまったかと、
看護師さんを呼んでしまいました。


その方は、二回切開していて、
「産む回数が多いほど、
後腹の痛みも強いのよ」と言われました。

我慢していても、涙が横にたらたら流れ落ちて行きました。


でも、帝王切開って誤解されるんです。
「あら、じゃあ陣痛無かったんだ。いいわねぇ」
「あの痛みを知らないなんて幸せね、羨ましいわ」
「何も知らないうちに生まれちゃうんでしょ?」なんて・・・


陣痛の話で盛り上がったりすると、
何だか普通に産めなかった自分が、
一人前でないような、情けない気持ちになることも・・・


小学校のお母さんの集まりでは、

「帝王切開で生まれたお子さんは、
苦しんでないから、我慢強くないし、
問題の多い子が多いみたいですね」

なんて、言われたことが有りました。

そのお母さんは、子供が大人になっても、
とうとう好きにはなれませんでした(._.)


番組の中でも、
同じような経験談がいくつもありました。



子供が欲しくても持てない方のことを思うと、
お腹を切ろうが、痛かろうが良いんです。

でも、帝王切開をされた方たちの気持ち、
分かって頂けたら良いなと思っています。


これから出産の方に、不安を与えてしまったかもしれません。

でも、今は先生と綿密に打ち合わせて、
もっと問題が解消できるのではないかと思います。


長くなりました。


最後まで読んで頂き、有り難うございます!
これかな~と思うところに、クリックして下さると嬉しいです058.gif

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村






Commented by ゴル子 at 2014-07-05 12:06 x
息子さんたち、Blog読んでいらっしゃるかしら。
何だか、読みすすめているうちに涙が出てきちゃった。
「5時間?あらぁ~安産だったのね」って、私 よく言われるけど
痛かったっす(-_-;)
Commented by しゅわっち at 2014-07-05 12:36 x
あら~、その番組を見たかったです~!
医学の進んだ現代では、帝王切開の経験者は、多いんじゃないかな~と思います。
わっちも帝王切開しています。
久しぶりに出産の時のことを 懐かしく思い出しました。
我慢強くないって話は、出産後に同じようなことを 実の姉に言われたことがありますわ~。ははは☆
そう言われても 「あら~、そう?」としか言いようがなかったですねぇ。
普通分娩にもかかわらず根性無しだったなら 何のせいにするんだろう?って思ったりして・・・ははは☆
何事においても 差別的な発言は 湧いてくるものなのでしょう。
かく言うわっち自身が、おしゃべりですから 「口は、災いの元」と肝に命じて
余計なことを言わないようにしたいと思います♪
麻酔が効かなかったり、三回も切開することになったりと 大変でしたね。
良い息子さんたちに恵まれて、何よりです♥ 
Commented by ray-garden at 2014-07-05 16:35
ゴル子さんへ
息子たちは誰も読んでないんです(^_^;)
お産は病気じゃないと言うけれど、みんな大変ですよね(>_<)
例え軽く済んでも、いつも命がけだと思います。
だけど、それを上回るのは、子供の可愛さですね!(*^_^*)
Commented by ray-garden at 2014-07-05 16:53
わっちさんへ
わっちさんも、帝王切開を経験されてるんですね。
やはり同じような発言がありましたか(..)

皆さん、何も考えずに言うんでしょうが、長男は特に問題も無かったのに、
集まりの場でそんな風に言われるのは、私には耐えられなくて・・・。
最近は、そんなことないと思っていたんですが、
番組を見て、今でもそうなのかと悲しくなりました(T_T)

差別的な発言て、本当にいつもありますね。
ブログを書いてる立場として、自分自身も細心の注意を払わなくてはと思います。
Commented by sugarmoment at 2014-07-05 20:12
みずたまさんこんばんは!
↓の記事を読んできましたが、びっくり!
眼は大丈夫ですか?
ほんと、擦ったりするのってよくないみたいですね。
大事にしてくださいね。

今日のみずたまさんの記事を読んで
帝王切開についての認識が変わりました!
私も世間一般の人と同じように
帝王切開の出産は、痛みがさほどないものと思っていましたもの。
三度も苦しみに耐えたみずたまさん、立派です!!
貴重なお話をきかせてくれてありがとうございました。

Commented at 2014-07-05 20:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by YUKI at 2014-07-05 21:05 x
出産って帝王切開だろうが普通分娩だろうが大変ですよね。だってお腹からあんなに大きな赤ちゃんを出すんですもの。
私も出産が大変で何度もナースコールしちゃいました。
産むのも育てるのも痛みと責任とで大変ですよね。(*^_^*)
Commented by ray-garden at 2014-07-05 21:23
yumeさんへ
有り難うございます(^^)
目は少しずつですが、回復しています。でも、元通りとはいかないかもですね(^_^;)
良い警告になりました。これから極力、目を労わることにします。

帝王切開のこと、そう思って貰えて、とても嬉しいです。
今日の記事を書いた甲斐があると言うものです。良かった!(^^)
何だか自分のことをずらずら並べてしまい、恥ずかしいですが・・・。
三人とも、五体満足、健康で何よりでした。
Commented by ray-garden at 2014-07-05 21:28
鍵コメさんへ
わぁ~、恥ずかしいですね(^_^;)
夫婦も長くやってると、もう家族愛だけになっちゃいますので(笑)

有り難うございます。
鍵コメさんの、ドキドキ情報もお待ちしています!
私も、またお邪魔しますね~!\(^o^)/
Commented by ray-garden at 2014-07-05 21:33
YUKIさんへ
ホントに出産て、大仕事ですよね~!
お腹の中で、あんなに大きくなるまで育てるなんて、
改めて考えると、すごいなと思います。女性は偉い!(笑)
でも、夫の叔父からは、
「食っちゃ寝、食っちゃ寝してたから、腹なんて切るんだ!」って、
まだお腹の痛みが取れないときに言われたんですよ~(T_T)
Commented by suu-life at 2014-07-05 22:17
みずたまさん、大変だったんですね。お腹を切るって、どれほど痛いか…。私は帝王切開をしてませんが、病気で開腹手術をしていて術後3日間悶絶しました。お産の時に使う麻酔はお腹の表面には効きにくいとか。よく耐えましたね。
私は100人に1人の難産とかで11ヶ月と1日で生まれ鉗子分娩でした。もう、チョットで帝王切開でしたけど、手術してお腹を切っているので帝王切開はしたくなかった。ところが生まれた息子は仮死状態で危なかった!ついでに私が体重コントロールしてなくて太っていたら、私の命も危なくてお産どころでなくなったかもと看護師さんから言われました。幸い息子は無事でしたが、万が一の事を考えたら早目に帝王切開の選択をした方が良かったのかなと思いました。不妊治療でようやく授かった子どもを失いたくないですからね。
Commented by ray-garden at 2014-07-05 23:26
Suuさんへ
本当に大変な難産だったんですね。
御気持ち、心からお察しします。
先生の判断ひとつだったり、ほんの小さなことが、明暗を分けてしまうんですね。
でも、無事に可愛いお子さんと会えて何よりでしたね。
妊娠以前にも、いろいろご苦労があったようで・・・。不妊治療の大変さは、ドキュメンタリーなどで見ました。
それを思うと、麻酔が効かないの何のと、愚痴を言ったらバチがあたりますね。
子供のためなら、何でも耐えてしまう、やはり、母は強し!!!(*^^*)
Commented by suu-life at 2014-07-06 03:17
みずたまさん、麻酔が効かないなんて嫌ですよ〜!私、読んでてゾッとしましたもん。みずたまさん、こそ偉いです。
Commented by ray-garden at 2014-07-06 09:36
suuさん、おはようございます(^^)
何も偉いことは無いんですが、亡くなった兄は、手術の経験が無かったので、
「お前はよく3回もお腹切ったな~。女にしておくのがもったいない」なんて、
変な感心してました(笑)
Commented by KAGOME at 2014-07-06 13:40 x
みずたまさん♪こんにちは(^^)

私の下の妹も普通分娩では無理だったので3人帝王切開でお産しています。

やはり妹も話していましたが皆さんが思うようなラクなものではないんですよね(^_^;)
知らないで中には心無い言葉を発する人がいつの時代にもいるものなんですよね(^_^;)))
Commented by ray-garden at 2014-07-06 23:02
KAGOMEさんへ
お久しぶりです(^^)

妹さんも、3回も帝王切開で出産されたんですね。
お姉さんとしては、心配だったでしょうね。

何事に関しても、軽はずみな発言や、
先入観で発言をしないように、気を付けたいものですね。
自分の目で見たことを、信じるようにしたいな~と思います(^^)
Commented by 専業主婦 at 2014-07-08 07:42 x
子供は産みたくないと思っていたのですが夫の強い希望で1人だけ産みました
産後、子育てに非協力的な夫に<(`^´)>後悔しました
羊水混濁のため帝王切開となりましが
あまりの痛さに大騒ぎしました^_^;
立ち会った助産婦さんの「あれは手に汗ものでしたね!?」という言葉に
ホッとした覚えがあります 抜糸の時は医師から「痛くないですか?」
と聞かれましたが「(帝王切開から比べれば)全く平気です」と答えていました^^
産後体調が180度悪化し現在に至る私は29年経った今でも やはり“産まない”ということを
貫けば良かったと思います
Commented by ray-garden at 2014-07-08 08:01
専業主婦さんへ
出産を希望されていなかったのに、帝王切開になり、
そんな痛い思いをされたのは、大変な経験でしたね。
御主人の協力が、あるのと無いのとでは、女性の人生は大きく変わりますよね(>_<)

私も、長男のお産の後に先生が、「お母さん、本当に我慢強かったですね!」と言われたので、
少しだけ、報われた思いがしました(^_^;)
お産をきっかけに、体の状況が変わってしまわれたとのこと、
何と言って良いのか・・・長い間大変でしたね。
今回、目を傷めてしまいましたが、私は今が一番丈夫です。
と言っても、体の中で起こっていることって分からないので、
毎日を充実したものにして、生きていたいなと思います(^^)
by ray-garden | 2014-07-05 10:57 | つぶやき | Comments(18)